蛍ハンター2017①-5

LINEで送る

内尾神社のヒメボタルがピークを迎えようとしております。

どうもみなさん、こんにちは。『ホタル撮影の疲れもピークを迎えている写真家』摩訶不思議です。

ホタル撮影へ行った時のスケジュールは

仕事(17時終了)→移動→現着(18時頃)→撮影(23時頃迄)→帰宅(0:00)→ご飯風呂等(1時)→選別・編集(3時)

撮影時の色々な事を忘れてしまうので、選別編集作業は出来るだけ当日のうちにやっちゃいます。

さて、今回も凝りずに

内尾神社

珍しく正面ポイントを確保できましたので、前回目標とした『単焦点で螢川』を撮影したいと思います。

今回は飛ぶことは確実ですので、ミラーレスで下からも煽ってみたいと思います。

ちらほら飛び始めた19:30。これだけ通いつめましたら慣れたもので、暗闇に包まれる20時頃までは設定を変えながら画像を確認。
ベストな設定を探す試撮の時間です。

暗闇で回りの人影が見えなくなった頃が撮影開始の合図。

ミラーレスは設定決めてからインターバル撮影で放ったらかし。
フルサイズはレリーズ持ってSS13秒。ええ感じに飛んだ頃を見てシャッターを切るって感じで撮影しました。

まずは下から煽りのミラーレス。

下からの煽りは

不思議な写真(コンポジット:枚数不明)001

やっぱり控え目な方が私は好きやなぁ。
もっと少なくてもエエかもしれません。

数を増やしますと

満点の星空みたい(コンポジット:50枚)005

ギラギラヒメボタルですが、下からの煽りはそんなに下品では無いですね。
まぁ、そこは個人の感覚の違いになるとは思います。

さてさて、メインの螢川です。

10枚コンポジット10

※沢山撮影していますので、エエ感じになる写真を選別してます。

 

螢川ではないですが、これはイイ!
今後は10枚以下のコンポジットでいこう。。。。

 

30枚コンポジット32

これええや~ん。
螢川感満点やねぇ。

 

 

50枚コンポジット50

あかん。。。下品なギラギラや(笑)

 

と云う事で、目標の『単焦点で螢川』は30枚ぐらいが丁度エエですね。
今がピークのヒメボタルですので、もう少し通いたいと思います。
次は『望遠で圧縮ヒメボタル』に挑戦。

今まで撮った写真は最高でも50mmです。灯籠メインに望遠で圧縮するとどう写るのかを試してみます。

ヒメボタル撮影も後半戦。
後悔無きよう、しっかり撮影に臨みたいと思います。

以下の【サポートする】をポチッとして戴きますと、100円~10000円の範囲で摩訶不思議に投げ銭ができます。 記事がお役に立ちましたら、投げ銭をしてやってください。
LINEで送る

撮影以来のお問い合わせは

コメントを残す