我が家に仲間が増えました其の三~ふた昔前の変態レンズを使ってみる~

LINEで送る

6Dを購入したのはもう一つ理由がありまして。。。
静物、風景には無茶苦茶強いと云う評価なんですよ。
つまり、風景撮りの私にはもってこいっちゅう訳ですな。
現在、風景を撮るにはそんなに不満はないんですが、只1点。
今所有しているカメラ達、『近景』はいいんですよ、『近景』は。
センサーがマイクロフォーサーズだろうが、APS-Cだろうがなんだろうが。。。。そんなに変わりはしません。
しかしながら、風景撮りとしては避けては通れない『遠景』。
こればっかりはセンサーサイズによってクッキリさが全然違うんですよねぇ。
どこまで違うのかっちゅうのを試したいですわな。
そうなると、広角レンズがいりますわな。
どうせ買うんなら超広角欲しいですわな。
狙うは、『SIGMA12-24mm F4.5-5.6 EX DG HSM CANON用』。
このレンズ現在は中古でしか売っていないんです。ちゅうことで、これもヤフオクでゲット。
このレンズが届くまでの数日、久しぶりにワクワクして眠れませんでした。小学校の遠足前日以来の感覚(笑)

『SIGMA12-24mm F4.5-5.6 EX DG HSM CANON用』

20161021_180901

シグマ 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL キヤノン用

中古価格
¥44,820から
(2016/10/20 12:34時点)

広角に定評のあるSIGMAでございます。ふた昔前の品ですが(笑)
一つ前の『SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM』とは好みが別れるみたいです。

今でこそCanon純正で11-24mmなんてレンズが出ておりますが、高すぎて手がでません(笑)
Amazonでも約33万円です。アホかっちゅうねん(笑)

Canon 超広角レンズ EF11-24mm F4L USM フルサイズ対応 EF11-24L

新品価格
¥336,691から
(2016/10/20 12:43時点)

ふた昔前には、それはそれは変態的レンズだったそうです。
評価を見ますと、逆光耐性等々ダイブ癖のあるレンズみたいですが。。。その癖を補って余りあるほどの画角と云う噂。。。これは是非確かめなければ。。。。

ロケに行くには天気が悪いなぁ。近景の写真なら気にしなくてええのですが、遠景となるとパリッと晴れていないと写真映えせえへんしなぁ。取り敢えず、レンズに片ボケがないかのチェックだけしときましょう。本当は新聞紙等でチェックした方が良いのですが、それでは面白みに欠ける。

と云うことで、モデルは我が家の駄犬『小次郎』。
小次郎からレンズまでの距離は15cm程。超広角の威力すげぇなー。片ボケ無しを確認。
image

12mm、f11です。ダイブ絞ってますが、四隅の丸の箇所が流れてますね。開放で撮ると流れが酷いです。実用出来るのはf8ぐらいからかなぁ。まぁ、超広角でボケ味を出すことなんてあまりないと思いますのでOK。

さぁて、超広角は風景写真で威力を発揮します。

 

次回 我が家に仲間が増えました 其の四 ~変態レンズで試撮へGO~

以下の【サポートする】をポチッとして戴きますと、100円~10000円の範囲で摩訶不思議に投げ銭ができます。 記事がお役に立ちましたら、投げ銭をしてやってください。
LINEで送る

撮影以来のお問い合わせは

1 thought on “我が家に仲間が増えました其の三~ふた昔前の変態レンズを使ってみる~

  1. ピンバック: 雪の鳥取砂丘を求めて 後編 | 人生摩訶不思議也(Life is Mysterious.)

コメントを残す