合宿 富士山(赤富士編) -1日目-

LINEで送る

あ”づぃ”~。
あ”づぃ”~。

ど~も、みなさん、こんにちは。
「溶けてる写真家、摩訶不思議」デス。

こんな猛暑の中、車泊で合宿なんて気が狂ってるとしか思えません。しか~しっ!今回の合宿先は富士山の麓。標高が平均すると700~800m程高い。ってことは、下界より約7度程気温も低い。昼間は暑くとも、夜は涼しくて車泊しても大丈夫だろうとの考えのもと、合宿決行デス。

昨年(2020年)の1月に行った富士山合宿。この時は、ダイヤモンド富士、パール富士、紅富士と大忙しの合宿でした。その時に撮影した

紅富士001-2

これを撮影しちゃうと、夏の赤富士リフレクションも撮影したくなるってのが写真家の性。で、赤富士の条件を調べてみますとね。

・曇っていないこと
・明け方であること
・富士山より東側
・雨上がりであること

この4つ。だいたい紅富士と同じ。
1.曇っていないこと
→わかる。そら雲で富士山隠れてたら撮られへんわな。
2.明け方であること
→わかる。夕方でも良いと思う。赤く染まる訳やからね。
3.富士山より東側
→わかる。太陽に反射せにゃ赤く染まらんもんね。
4.雨上がりであること
→???

4つめ初めて知った事です。何やら、赤い火山灰でできた富士山の土は濡れることで更に赤みを増すのだそうです。これってね、、、、1の曇ってないことと反対やない?雨上がりって雲出るよね。。。。でも、撮影してる人がいるって事は、雨上がりで曇らない日もあるんやわな。。。。

ってことで、合宿2週間程前から天気予報とニラメッコ。雨上がりに雲が晴れる日を目を皿にして探す!で、見つかるは見つかるんですが、夏の天気って半日毎にコロコロ変わりやがるんです。。。。

ってことで、だいたいの当たりをつけて、前日にもっかい調査して、えいやぁっ!で決行する事に。

2021/8/3(火)
出発日。この日は全国的に雨。わが町小野市では、朝のうちスンゲェ雷なって、大雨ふってました。殆どの積み込みは前日すませておりましたんで、雷がおさまった9:30頃出発。

行きは高速使ってびゅ~んとね。まずは、どんな感じなのかを見たいので精進湖に向かいます。

途中、今夜の飯を仕入れる。

エスポット富士宮店(15:40)IMG_20210803_154110

ここ

精進湖に移動~

ロケハン(ぼけ~っと景色を見る)(17:30頃)001-3

結局、雲モクモクで赤富士の片鱗も見ることができず(笑)ええ感じの風が吹いて涼しぃ~、ってか寒い。体が冷えましたので~

風呂へ!(18:50頃)IMG_20210803_184753

ここ

体も温まりましたので~、本日の車泊地へ!

道の駅富士吉田(19:40頃)

飯食いまして~IMG_20210803_195928

明日は赤富士ド本命の日ですので、超早めに就寝(21:00)

赤富士リフレクションは撮影できるのか!

2日目へ

以下の【サポートする】をポチッとして戴きますと、100円~10000円の範囲で摩訶不思議に投げ銭ができます。 記事がお役に立ちましたら、投げ銭をしてやってください。
LINEで送る

コメントを残す