2017、バンボストック、ライブカメラマン、牧野キャンプ場」タグアーカイブ

バンボストック 2日目

LINEで送る

1日目が終了し帰宅した夜、肉をムッシャムッシャ食った御蔭で2日目の朝は疲れを残すこと無く起床。
少々太ももの筋肉痛はあるにしろ、本日も全力で撮影できそうです。

と云うことで二日目は

和太鼓寿限無010

よりスターっと!
二日目も敬称略で御願いします!

本日の司会も

交代制でございます012

 

さえちゃんもいい表情!013

 

小野純一015

 

キャンディー031

 

本日の出展ブースは昨日に引き続きBabyLeafさん、リラクゼーションマッサージに加え

御世話になっている

TreeTopさん026

 

魔女のカレーは

いつも美味そう072

 

 

あり吉さん039

 

沖縄料理のブース028

 

と豪華な顔ぶれでございます。
一日目に出演を終えたアーティストも

二日目は021

ゆっくりリスナーです。022

 

出演者紹介に戻ります。

塾の先生、

高坂俊成035

メッチャ珍しいシタール演奏者、

奈良秀樹047

 

今日もフレッシュ

中西功056

 

個人的には

バックショット大好きです(笑)068

司会も

続々と052

 

ホンマはメッチャオモロイTAKAさんですが、

この強面040

ホンマはこっち(笑)161

 

紹介を続けます。

謎のオカモチ077

 

美ら美ら081

080

086

079

司会交代106

 

リハビリでステージに間に合わせた

WAYA105

 

ギラッギラやで

MIKE-T110

 

The加古川ブース112

113

 

ステージあがりの

美ら美らさん114

司会交代115

よっ!孝行娘!118

 

うら星121

125

と、

その応援団124

129

117

司会交131

 

マット☆村K134

愛音デュオの

ハセキカク152

153

 

司会交代157

 

参加者中、最多人数

Brass Le Doiyo171

163

167

168

169

170

173

174 164

165

166

183

 

ステージ終わったら

そら呑むわな
066

141

 

それでなくても暑いのに

さらに暑っ苦しい2人064

 

もう、立ってるだけで渋い

Sunset Celebration193

194

 

嵐を呼ぶBAND

あり吉フォース204

203

202

スコールがやってきます。

ここぞとばかりに張り切って撮影するカメラマン摩訶不思議(笑)

211

213

212

215

 

雨や雪の表現は

ストロボ焚くんやで!209

210

 

雨もあがって

卓郎222

 

uchiwa-mome227

230

司会交代233

 

インスタントグルーヴ236

237

238

 

The Waters243

244

 

ちょいと息抜きに

 

こんな写真もね224

 

み~て~る~だ~け~252

 

癒されますなぁ~①251

癒やされますなぁ~②256

 

昨年はどうだか知らないのですが、どうやら

 

今年も吠えてる258

あじゃぱーさん260

 

 

吉村ビゾー266

 

エエ顔しまんねん

PoisonPill281 277

司会かわり~の
285

 

劇場型BAND

HIKARUとZ292 290

287

288

297

293

 

遠方より風を届けてくれた

相模の風 The めをと303

305

306

 

これぞ正に美女と野獣

SariSari310

309

311

&ちょっとBooちゃん314

316

 

男性陣、歌詞と声にメロメロ

原口純子319

 

癒やしの唄歌い

Piku326

 

そして大トリ

すぎの暢331

この日は20:00終了の予定でしたが、終了時間は21:30。
11時間30分の撮影でした(笑)

勿論、帰りに24Hスーパーにて肉買って帰ってムッシャムッシャ食いました(笑)

 

バンボス親分をはじめ、実行委員の皆様、

本当に二日間御疲れ様でした!333

171

駆け足で出演者紹介をして参りました。

最後に、二日間のバンボストックカメラマンを終えての感想ですが、、、、、

ちょっと自信が付きました(体力的な意味で(笑))

ライブカメラマンっちゅうのは、技術やセンス、、、そりゃぁ、あったほうがエエに決まってます。でも、その技術やセンスを活かす体力がなけりゃ~意味がね~と思いました。体力と言うよりは、体力の配分です。

カメラマンにとっては同じステージを同じ場所や角度から撮影する訳ですので、何度も行ったり来たりを繰り返します。
代わり映えのしない同じ場所を行ったり来たりします。さらに炎天下での撮影や虫との戦い。いつしか集中力が欠け、撮影が雑になりがち。

カメラマンにとっては同じ場所やステージかもしれませんが、アーティストさんにとっては、一度しか無い大事なステージです。
そこでしか見ることの出来ない表情ってのがあります。それをヘバッてしまって逃すなんて勿体無い。

ライブカメラマンにとって一番大事なこと。
それは『完走する事!』これに尽きると思いました。

いいましても、一般的なライブカメラマンは長くて3時間ってとこですので、体力的な心配はあまり無いと思います。
しかし、フェスとなると、、、、少々体力作りも必要ですな。。。。

 

ではでは、最後にこんなスライドショーは如何でしょうか?(笑)

以下の【サポートする】をポチッとして戴きますと、100円~10000円の範囲で摩訶不思議に投げ銭ができます。 記事がお役に立ちましたら、投げ銭をしてやってください。
LINEで送る

撮影以来のお問い合わせは