灼熱の富山県で撮影してきた話 後半

LINEで送る

さてさて、念願の『白エビ刺し身丼』も食べてお腹いっぱい。
昼からは富山の美しい景色を撮影するぞぉ~っと張り切ってはいるものの、少しネムイ(笑)

しかし、そんな事を言っている場合ではない。
折角立山連峰が顔を出している。しかも、地元の人曰く、雲海に浮かぶのは結構レアだとの事。

まずは、気嵐で有名な

雨晴海岸

へ移動。

私としましては、冬の気嵐が是非とも撮影したいスポットでございます。
しかし、今は夏。夏の雨晴海岸を撮影ってのもいいじゃぁないですか。

ちゅーことで

ドンッ!001

メッチャ綺麗。。。。後ろの立山連峰が凄くイイっ!
気温は38度。撮ってる時ってアンマリ暑さを感じない。でも、移動してると暑い、、、ってか痛い(笑)

ここは海沿いに線路が走ってるんですよ。
と、云うことで

絵になる!004

この写真を撮っていますと、、、『カンカンカンカン』と踏切が鳴り出す。
普段は電車なんて撮影しませんが、こいう云う特別なロケーションですと

ナゼダカサツエイシタクナル。。。。006

 

ヨクバッテミタクナル007

 

女岩と立山連峰も入れ込みたくなる(同じ時間です。)
手持ちなんで、画角替えながら

列車が通り過ぎるまで撮影できちゃいます。008

鉄道専門の方は三脚使用して、画角をビシィッと決めて撮影される方が多いんですが、私は風景写真家ですので、昼間は基本手持ちです。フレキシブルに画角を変化させる事が出来るのが手持ちのいいところ!

ND使ってスローシャッターでシュワシュワさせたりする時は昼間でも三脚使用しますが。。。。

さて、電車も行っちゃったので灼熱の中、海岸線を歩いてみます。

 

歩いたコースはこちら

ここを歩きながらですね

こんな看板や009

 

こんな看板を010

撮影してました(笑)
まぁ、映えるロケーションを探しながらですのでね、、、、、アツイ、、、トケル、、、、

で、一箇所エエ場所発見!
って風景を撮影してましたら、、、、ガタンゴトンガタンゴトン。。。。。

電車来たで!

 

取り敢えず入れておく012

容赦ない欲張り写真。色々入れすぎやろ(笑)

一応解説しておきますとね。。。。。

クリックで拡大012-1

とまぁ、、、どれが主題なんだか副題なんだか、、、

と、歩きながら撮影したのはこの場所のみでございます。撮影を終えて、車に戻ったのは15時頃。さて、、、この旅で絶対に撮影したいスポット。そう、能登半島の『白米千枚田』へ行きます。只、日没は19時過ぎですので、寄り道しながらボチボチいくでぇ~。

まずは

夫婦岩017

場所はここ

ついでに

解説も015

 

まだ、時間もありますんで本日の晩飯の買い出しをしておきます

みんな大好きスーパーマーケット20180714_173820

へ寄り道

ここで本日の晩飯、晩酌用のお酒。クーラーボックス用の氷。
で、急いで出発してきたのでTシャツしか持ってきておらず、上に羽織るネルシャツを購入(笑)

さーて、準備もできましたので

いざ、『白米千枚田』へ!

日没前に到着018

ひと目見ただけでエエ景色!

今からちょうどエエ時間帯です。そう、ロマンチックが止まらないタイムが始まります。

沈みゆく夕日を撮影019

周りでイチャイチャしているアベック、、、もとい、、、カップルには目もくれず夢中で撮影。

 

沈み始めるとあっちゅう間に沈んでしまうのでフィルター付け替えて

シュワシュワさせたり020

レンズ付け替えて

広角で撮ったり

022

してますと、大忙し。

マッタリ景色を眺められるようになったのは

マジックアワーから026

ブルーアワーの間028

でございました。
まぁ、一番綺麗な時間帯をマッタリ眺める事が出来たので、OKでしょう。
念願の棚田の撮影が出来て大満足。そして、大満足と同時に力が抜けたのかドット疲れが。。。

汗と潮風でベタベタの全身。歳も歳なんで、オッサン臭も全開なはず。。。。
早く風呂に入ってさっぱりしたい!腹も減ってますが、、、飯食ったら確実に寝てしまう(笑)

 

ってことで、風呂へGO!

ねぶた温泉でございます。20180714_201133

いやー、風呂に入って心も体もスッキリ!
あとは車泊場所の

 

道の駅 輪島に移動!

 

 

ここをキャンプ地とする

 

 

っつーことで、

 

飯食って酒呑んで20180714_211505

本日撮影した写真をニヤニヤしながら眺めて、気絶するように就寝(笑)
いつ寝たんか分かりませんでした。。。。。

 

翌日、6時起床。
いやぁ、涼しくて爆睡できました。今日は帰りながらアッチャコッチャぶらぶら撮影して帰ろう~。

で、取り敢えず走ってみたかった

千里浜なぎさドライブウェイ

有名スポット!砂浜を車で走る事ができるんです。

 

こんな感じ032

たまには、、、、

我が相棒をね!031

 

入り口(ってか、出口)033

とぶらぶらしていますと、晴れ続きの猛暑の影響なのか、空が凄く霞んでるんです。
おまけに、連休中日と云うことで人もメッチャ多い。

こらぁ、撮影にならんなぁ~。と午前10時頃帰宅決定。

 

下道で

お土産買ったり20180715_113248

 

名物食ったり20180715_115317

しながら帰宅しました。10時間ぐらいかかった(笑)

体力的に大変でしたが、その分充実した富山合宿でございました。
気嵐撮りに冬の雨晴海岸にも行ってみたいと思います!

 

 

久しぶりの

ペナントTシャツ

 

と、電車を撮影した時にしか作成出来ない

 

勝手に18切符シリーズ

『2018年夏』2018夏-01

 

 

スライドショーはこちら

以下の【サポートする】をポチッとして戴きますと、100円~10000円の範囲で摩訶不思議に投げ銭ができます。 記事がお役に立ちましたら、投げ銭をしてやってください。
LINEで送る

撮影以来のお問い合わせは

1 thought on “灼熱の富山県で撮影してきた話 後半

  1. ピンバック: 灼熱の富山県で撮影してきた話 前半 | 人生摩訶不思議也(Life is Mysterious.)

コメントを残す