ホタルハンター2020

LINEで送る

今年は4月はじめの桜の季節から一気に梅雨まで季節が飛んでしまいました。
久々に記事を書いているのですが、東京の感染者が100人を超す日常となっております。

どーも、皆さん、こんにちは。
『自宅待機が長すぎて、カメラの使い方を忘れてしまったのではないかと心配する写真家、摩訶不思議』です。

撮影に出かけられない外出自粛の間に、今までの機材構成やら何やらを見直しまして、あれやこれやと購入してしましました。
見直すのを言い訳に、欲望のままに買い物したと言ったほうが正しいのかもしれません(笑)

緊急事態宣言が明けるのが先か、ホタルの季節が終わるのが先かと悶々としていました。
そんな中で、何とな~く考えておりましたのは、毎年、ヒメボタルの撮影現場では一箇所でしか撮影できない。
三脚を二本立てられる場所なら良いのですが、一本しか立てられない場所も多々。つまり1カットしか撮影出来ない。
折角綺麗なヒメボタルに出会ってるのに、1カットでは勿体ない!
って、ことで導入しましたのが

こいつ

INPON クイックリリースプレート アルカスイス互換 200mm 2*1/4″ネジ 1/4″-3/8″ネジアダプター付

新品価格
¥1,399から
(2020/7/8 12:46時点)

こいつ✕2

TRIPLE TREE 自由雲台 クイックシュー付き 360度回転可能 アルミ製 バブル水準器付き 最大負荷重量8kgまで (カメラ取付ネジ: 1/4″、三脚一脚取付ネジ: 3/8″)

新品価格
¥2,390から
(2020/7/8 12:48時点)

これを一本の三脚に装着!IMG_20200629_185736

片方は標準ズームレンズ、片方は望遠ズームレンズという構成。
今まで必要性を感じませんでしたので導入しなかったんですが、導入すると楽ですなぁ。。。
比較明合成ありきですので、標準レンズはインターバル撮影。望遠レンズはシャッターチャンスのみをレリーズで撮影。

機材の話はこのぐらいにしまして、ホタルハンター2020行ってみよー。
まずは、緊急事態宣言があけた後のホタル開幕戦!

2020/6/2
場所はいつもの~

畑中川

ここはゲンジボタルですので、移動しながら撮影可能。
例年よりも少し遅い時期でしたが、

間に合ってよかった!005

ここでは数カット撮影できましたので、ゲンジボタルフィニッシュ!

次はヒメボタル。
2020/6/17

今年もやってきました!
内尾神社

まずは、

ド定番カット007

望遠006

2020/6/19
この日も内尾神社。
先日とは別の場所より

標準008

望遠009

この2日は人も少なめで非常に撮影しやすかったです。
その後は知りませんが、ワチャワチャなってるやろなぁ。。。(笑)

ここからは秘密の花園シリーズ。
2020/6/23
某所。

ここは秘密の花園だったんですが、昨年あたりよりチラホラ人を見るようになりました。
今の時代、こうなったらワチャワチャになるのは早いですね。
今年はすげぇ人いました。もう、秘密の花園では無くなってしまいました。
これだけ人いましたら、特定出来る写真を発表しても問題ないでしょう。
本当に大事な撮影場所は、心の中にそっとしまっておきましょう。

標準011

望遠010

2020/6/29
某所。
こちらは今年見つけた秘密の花園。
どこにでもありそうなカットを発表です。

標準012

望遠013

この日、20時頃より飛び始めたヒメボタルが20:30には飛び終わっておりました。
ピークを過ぎて終わりに近づいている証拠です。
ってことで、今年のホタルハンター2020も終了でございます。

毎年の恒例行事の様になっておりますが(笑)
ヒメボタル撮影は、設定して撮影しだすと、あとはボーッとヒメボタル鑑賞が出来るんですよ。これがスゲェ心地良いんです。毎年書いている気がしますが(笑)

さてさて、今後、日本や世界がどの様な対策を撮るかも、、、もとい、取るのかも不明です。今やりたいことを全力でやっていきたいと思います。

スライドショー

以下の【サポートする】をポチッとして戴きますと、100円~10000円の範囲で摩訶不思議に投げ銭ができます。 記事がお役に立ちましたら、投げ銭をしてやってください。
LINEで送る

撮影以来のお問い合わせは

コメントを残す