ライブカメラマン」カテゴリーアーカイブ

バンボストック 2日目

LINEで送る

1日目が終了し帰宅した夜、肉をムッシャムッシャ食った御蔭で2日目の朝は疲れを残すこと無く起床。
少々太ももの筋肉痛はあるにしろ、本日も全力で撮影できそうです。

と云うことで二日目は

和太鼓寿限無010

よりスターっと!
二日目も敬称略で御願いします!

本日の司会も

交代制でございます012

 

さえちゃんもいい表情!013

 

小野純一015

 

キャンディー031

 

本日の出展ブースは昨日に引き続きBabyLeafさん、リラクゼーションマッサージに加え

御世話になっている

TreeTopさん026

 

魔女のカレーは

いつも美味そう072

 

 

あり吉さん039

 

沖縄料理のブース028

 

と豪華な顔ぶれでございます。
一日目に出演を終えたアーティストも

二日目は021

ゆっくりリスナーです。022

 

出演者紹介に戻ります。

塾の先生、

高坂俊成035

メッチャ珍しいシタール演奏者、

奈良秀樹047

 

今日もフレッシュ

中西功056

 

個人的には

バックショット大好きです(笑)068

司会も

続々と052

 

ホンマはメッチャオモロイTAKAさんですが、

この強面040

ホンマはこっち(笑)161

 

紹介を続けます。

謎のオカモチ077

 

美ら美ら081

080

086

079

司会交代106

 

リハビリでステージに間に合わせた

WAYA105

 

ギラッギラやで

MIKE-T110

 

The加古川ブース112

113

 

ステージあがりの

美ら美らさん114

司会交代115

よっ!孝行娘!118

 

うら星121

125

と、

その応援団124

129

117

司会交131

 

マット☆村K134

愛音デュオの

ハセキカク152

153

 

司会交代157

 

参加者中、最多人数

Brass Le Doiyo171

163

167

168

169

170

173

174 164

165

166

183

 

ステージ終わったら

そら呑むわな
066

141

 

それでなくても暑いのに

さらに暑っ苦しい2人064

 

もう、立ってるだけで渋い

Sunset Celebration193

194

 

嵐を呼ぶBAND

あり吉フォース204

203

202

スコールがやってきます。

ここぞとばかりに張り切って撮影するカメラマン摩訶不思議(笑)

211

213

212

215

 

雨や雪の表現は

ストロボ焚くんやで!209

210

 

雨もあがって

卓郎222

 

uchiwa-mome227

230

司会交代233

 

インスタントグルーヴ236

237

238

 

The Waters243

244

 

ちょいと息抜きに

 

こんな写真もね224

 

み~て~る~だ~け~252

 

癒されますなぁ~①251

癒やされますなぁ~②256

 

昨年はどうだか知らないのですが、どうやら

 

今年も吠えてる258

あじゃぱーさん260

 

 

吉村ビゾー266

 

エエ顔しまんねん

PoisonPill281 277

司会かわり~の
285

 

劇場型BAND

HIKARUとZ292 290

287

288

297

293

 

遠方より風を届けてくれた

相模の風 The めをと303

305

306

 

これぞ正に美女と野獣

SariSari310

309

311

&ちょっとBooちゃん314

316

 

男性陣、歌詞と声にメロメロ

原口純子319

 

癒やしの唄歌い

Piku326

 

そして大トリ

すぎの暢331

この日は20:00終了の予定でしたが、終了時間は21:30。
11時間30分の撮影でした(笑)

勿論、帰りに24Hスーパーにて肉買って帰ってムッシャムッシャ食いました(笑)

 

バンボス親分をはじめ、実行委員の皆様、

本当に二日間御疲れ様でした!333

171

駆け足で出演者紹介をして参りました。

最後に、二日間のバンボストックカメラマンを終えての感想ですが、、、、、

ちょっと自信が付きました(体力的な意味で(笑))

ライブカメラマンっちゅうのは、技術やセンス、、、そりゃぁ、あったほうがエエに決まってます。でも、その技術やセンスを活かす体力がなけりゃ~意味がね~と思いました。体力と言うよりは、体力の配分です。

カメラマンにとっては同じステージを同じ場所や角度から撮影する訳ですので、何度も行ったり来たりを繰り返します。
代わり映えのしない同じ場所を行ったり来たりします。さらに炎天下での撮影や虫との戦い。いつしか集中力が欠け、撮影が雑になりがち。

カメラマンにとっては同じ場所やステージかもしれませんが、アーティストさんにとっては、一度しか無い大事なステージです。
そこでしか見ることの出来ない表情ってのがあります。それをヘバッてしまって逃すなんて勿体無い。

ライブカメラマンにとって一番大事なこと。
それは『完走する事!』これに尽きると思いました。

いいましても、一般的なライブカメラマンは長くて3時間ってとこですので、体力的な心配はあまり無いと思います。
しかし、フェスとなると、、、、少々体力作りも必要ですな。。。。

 

ではでは、最後にこんなスライドショーは如何でしょうか?(笑)

以下の【サポートする】をポチッとして戴きますと、100円~10000円の範囲で摩訶不思議に投げ銭ができます。 記事がお役に立ちましたら、投げ銭をしてやってください。
LINEで送る

撮影以来のお問い合わせは

バンボストック 1日目

LINEで送る

ついに梅雨が明け、夏がやってきましたねぇ。
やってきた瞬間からセミの声が凄い(笑)
朝から『シャンシャンシャンシャン』。
うるせ~よ(笑)

どうもみなさん、こんにちは。『暑さに加え、セミの声にもイラッとする写真家』摩訶不思議です。

7月の連休(7/15,16)に姫路牧野キャンプ場で行われました『バンボストック』と云うチャリティー音楽フェス。専属カメラマンをして参りました。出演もさせて戴きました。

075

二日間に渡るフェスですので、詳細を書き出すとキリがありませんので手短にいきまっせ!

場所はこちら

姫路とは云うものの、加西市との市境。小野市からでも35分程で到着。
専属カメラマンですので、雨が降ろうが槍が降ろうが撮影しなければなりません。

ステージがよく見え、観客の邪魔にならない場所に

カメラマンブースを設営20170715_101804

・伸縮ポール
・ブルーシート
・ロープ
・工事現場用杭
基本、ホームセンターで揃うもので設営されております(笑)

そして
・折りたたみ椅子
・脚立
・クーラーボックス
・三脚2台
・いつものカメラ用バックパック

心配事としましては、二日間体力がもつかどうか。
普段、体力作りはしております。合宿へ出ますと1日平均15時間以上の撮影を1週間する事もあります。
しかし、それはあくまでも風景を撮影する時の話。
ライブとなれば又違います。おまけに野外です。
ヘバラないよう、コマメに体力回復させながらの撮影です。

二日間の出演者(総勢55組)image

 

予定では
1日目 11:00~20:50(9時間50分)
2日目 10:00~19:30(9時間30分)
両日とも約10時間の撮影になります。

実行委員会BANDによる

オープニングアクトでスタート001-2

メッチャジャンプしているのが実行委員であり、私のサブカメラマンを務めて戴いた徳さん。
サブカメラマンがいるといないでは本当に精神的安心感が全然違います。機材や私自身にハプニングがあっても大丈夫と、全力で撮影に臨めます。

サブカメラマンとはいえ

既に044 

ノリノリである043

これだけ表情豊かですと、撮り甲斐もありますなぁ。

バンボストックの中心人物である

バンボス親分002

さえちゃん036

さえちゃんは二日間ぶっ通しで司会でございます。

そして、こちらも二日間ぶっ通しの

PAさん096

恐子姐さん、、、、いや、、恭子姉さんや 012

よしおっさんも072

実行委員でございます。
私、どこまでが実行委員なのか把握しておりませんので、、、紹介しきれないと思います。

とまぁ、こんな感じで始まりました。
始まると、息をつく暇もなく続々と出演者さんが舞台に立ちます。

紹介は敬称略にて。。。。。

 

先輩であるTomo-Gが唄う062

私、摩訶不思議は月とスッポン20138059_1852532041733089_1620396969_o

笑やん066

よしおっさん069

 

間に

観客の073

方々や074

受付や076

料理を撮りつつ084

 

司会も忘れない090

 

Satarn091

『愛と平和』の歌っテル108

NoboN112

119

 

応援団は

別嬪揃い115

116 117

大西隆志ユニット132

133 

チャピー&テラッシー
123

125

 

司会は指名制139

 

 Rie with Fresh Ito142

伊藤さん、全然フレッシュちゃうし。『フレッシュさとう』みたいやん(笑)

引きの図145

SMH151 152

154

 

完全に不審者な

うなぎ1号さん(笑)149

 

本日の出展ブースは

グリーンカレーがオイシイBabyLeafさん148

リラクゼーションマッサージ156

私、マッサージブースに何度行きたかった事か。。。。

司会交代196

 

あいこさん率いる

こずみっくcowgirls204

205

201

199

 

ステージ降りたら

ええ顔!
214

 

ゼリーを取り合う

メインの2人(笑)207

 

フットワークが激軽な

カメラマンの石塚さん212

koporoff216

217

 

SIC227 228 230

 

まれすけ234

235

233

 

猫又244 261

 

岡村修身269

278

ことまん一座272

274

275

276

 

NORTH LOOP287

284

290

 

司会交代
292

 

 

Keiko-Cake297

295

294

 

何処からともなく現れた

照明さん301

 

司会交代311

 

Gonさん率いる

こずみっくCowboys313

317

318

324

323

SHO AMANO341

 

リラックスカフェ346

348

欣之助353

 

LadyBug357 355

 

のすたる☆スケッチ363

361

362

366

 

愉快なKyokoと仲間たち378

371

372

377

 

と、解説もなくだーーーっと写真で出演者さんの紹介でございます。

一日目、総勢27組。
終了時間伸びまして、22時頃終了。
一日目の撮影時間、約11時間でございました。
だいぶクタクタにはなりましたが、完走できてホッとしました。

途中、何度かエネルギー不足でダルくなりましたが、そんな時はオムスビかじって補給した御蔭で復活しました。水分補給はコマメにしてましたので、熱中症にもならず。

一泊して明日の撮影に備える予定でしたが、撮影枚数が1000枚を超えていましたので、バックアップと取る為に一旦帰宅しました。
帰宅途中、むしょ~~~に肉が食べたくなりましたので、24Hスーパーにて肉購入。帰宅後ムッシャムッシャ食べました(笑)

 

二日目へ続く

以下の【サポートする】をポチッとして戴きますと、100円~10000円の範囲で摩訶不思議に投げ銭ができます。 記事がお役に立ちましたら、投げ銭をしてやってください。
LINEで送る

撮影以来のお問い合わせは

シャッターチャンスの一秒前

LINEで送る

本年も無事に『小河邸の約束2016』ライブカメラマンを終える事ができました。
自分で言うのも何なんですが、本当にライブカメラマンって大変。

どうもみなさん、こんにちは。『一秒前にシャッターを切る男』摩訶不思議です。
詳細なライブレポートはLadyBugの松崎会長が書いてくださってますので、そちらをご覧ください。私はカメラマン的忘却録、、、、と云うよりは、ワタクシ個人的技術録を書きたいと思います。

基本的に私はネイチャーフォト専門。人を撮ることがスゲェ珍しいんですよ。
そんな私の書く文章という事をお忘れなく。。。。。

今回も3部程に分けようとも思ったのですが、そんな事をするからズレていく事に気づきました(笑)ですので、一本の記事で書き上げます。
只、メチャクチャ長いです。。。。心のご準備を!

 

————————————————————————————————————————–
【前日】

ライブカメラマンは、ライブ当日だけでなく前日準備から撮影は始まります。
前日でないと撮れない写真が沢山あるわけで。。。

 

何や2人で難しそうな顔してたり001

PAさんと打ち合わせしてたり001-2

 

何やかんやと020

準備の嵐021

ちにみにこの前日準備

全て出演者と裏方でやってます018

 

私、こう云う文化祭的なノリって大好き。そりゃぁ、出演者の皆様は練習もしながら前日準備をするので大忙しだと思います。
その分、成功した時の感動も大きいと思うわけですよ。

そういう私は、当日撮影できない

ちょっとした008

道具類をですね009

 

撮影してたり013

するわけです031

 

それよりも大事なのはですね、関係者の

こういうショットや025

こういうの026

こんなんを037

 

撮影できるんです。
ライブ本番の写真は大事といえば大事です。しかし、リスナーの皆様も撮ってらっしゃいますので、数としては膨大な数の写真があるわけです。
こう云う裏側スナップにこそ、ライブカメラマンの価値があるとオモウノデスヨ。

さて、粗方準備が終わりましたら、次は【前日リハ】でございます。
【前日リハ】と【当日通しリハ】では、本番では撮影出来ないような写真を撮ることを心がけます。

 

ピアノさんのバックショットや059

ピアノさんの指058

キーボードさんの指086

ピアノさんって本番では私の位置からでは、全然撮影できないんです。
ですので、前日リハと当日の通しリハでどれだけ撮影できるかってのも大事なんですね。

こういうショットは

絶対本番では撮れない貴重なショット045

そしてこれまた本番では少ない

後段リズム隊の072

寄り074

寄り066

本番では前列がメインとなりますので、後段は『縁の下の力持ち』。あまり目立たないんですね。ですので、前日には敢えて後段をシッカリと撮っていきます。

シッカリと画角を決めて撮ることが出来るのも

前日のメリット047

————————————————————————————————————————–

はい、ここまでは前日準備でございます。
まず、ここで暖かい飲物でも入れてきましょうか。ブレイクブレイク。
『Have a break, Have a kitkat』
キットカットはいりませんが。。。。。
さぁて、【当日通しリハ~昼食編】いきまっせーー。

————————————————————————————————————————–
【当日通しリハ~昼食】
当日になりますと、段々と緊張感が高まって参ります。

まずは、ストレッチからね!003

何やら

真剣に打ち合わせ002

裏方さんも

準備万端!004

こんな何気ないメモも気がついた時には撮影します。
何気ないからこそ、忘れてしまう存在なんでよね。

勿論、本番では寄れない

ピアノさん寄り012042 031

PAさん寄り086

いつも難しい顔をしているベースさんも

チョット笑う020

これまた、怖い顔をしているリズムさんも

チョット笑う021

段々と緊張感も高まって くるのですが、それでもマダ余裕があるという何ともいえない表情になって参ります。

通しリハでは舞台にガンガン上がって撮影しますので

こういった033

超寄りの035

ショットも068

撮れちゃいます069

本番は本番で、本番ならではの表情を撮る事に集中します。只、メインは演者さんとリスナーさんですので制約も多いです。来年の広報等に使用できる様な素材もシッカリと押さえておきたいトコロですな。

そして、本物の広報の方がきて集合写真を撮られるのですが、私はですね、その広報さんも含めて

撮る(笑)074

だいたい広報に載る写真ってのは

こんな集合写真ですねん075

張り付きカメラマンとしては見飽きた光景、、、オモシロクナイ(笑)
そこは張り付いている分、出演者の方に少々無理を聞いてもらうのですよ。
基本的に皆さん明るい、しかし、スッゲェ真面目な方々です。
そんな方々だからこそ、

全力の変顔が面白い083

女性陣は変顔でも可愛いって意味が分かりませんが。。。。
男性陣の変顔はクオリティが高い!素晴らしい!

さぁ、通しリハも終わりまして昼食タイム。その後、本番へと参ります。

この何とも言えない空気感。出てるかなぁ。

 

緊張の中のリラックス089

会長もソワソワ090

 

お弁当を食べる表情も

何とも言えない095

複雑さ096

 

その中の

緩和091105113109

こういうスナップは、カメラを意識してない時にコッソリと撮った表情が最高です。
カメラ目線はいらない(笑)

 

広角のほうが

空気感が分かり易いかな?119

 

いよいよ本番が始まります
————————————————————————————————————————-

さてさて、【当日通しリハ~昼食タイム】でございました。
さっき入れた飲物はもう無いのでは?もうイッパイ如何?次は何か軽食も如何でしょうか?

————————————————————————————————————————-
【本番】

いよいよ本番が始まります。
本番で気をつける事
・とにかくピント。何が何でもピント!
・構図なんぞ後からトリミングで何とかする!
・一瞬の表情が全て!

今回の題名にもなっております
『シャッターチャンスの一秒前』ってのは本番撮影での事でございます。
ライブ撮影ではシャッターチャンスにシャッターを切っていたのでは、既にチャンスは過ぎ去っている状態なんです。つまり遅い。
シャッターチャンスが来る一秒前にシャッターを切らないと撮ることが出来ないんですね。これがライブ撮影の難しいトコロ。

そんなん言うても未来予知でも出来ん限り無理やん!と云うお声も聞こえてきそうですが。。。。
そうでも無いんですよ。
【前日】と【当日通しリハ】で
1.各曲の盛り上がる位置を把握しておく。
→曲の盛り上がるトコロで皆さん、エエ表情になります。
2.出演者の癖の把握
→出演者各々のノレル位置ってのがあります。その位置を見ておく
3.ブレスの位置に注意
→人間息を吸っている状態でエエ表情は殆どございません。
逆にロングトーンの所なんかはエエ表情が撮れます。
ボーカリストのブレスの位置をだいたい把握しておくのが大事です。

私もまがりなりに弾語リスト。ステージに立たせてもらっているからこそ、分かる事ってのもあるんですね。弾語りやってて良かった(笑)

カメラマンはカメラマンとして予測する準備が必要なんです。
それを怠って、『エエ写真がとれへ~ん』なんてのは当たり前。
あくまでカメラマンは

【撮った写真がタマタマええ写真】

ではなく

【撮ろうと思ったエエ写真を撮りに行く】

んです。その為の準備はチャントする事。

いやぁ、摩訶不思議、たまにエエこと言いよんねん。
ちょっとエラそうやけど(笑)

あと注意する事と言えば、あたり前なんですが

・フラッシュは焚かない
これをやってしまうと、演者さんがノッてくる邪魔になるんですよ。演者さんはノッてくるからこそエエ表情を見せてくれるんです。その邪魔になるカメラマンってどうかと思うんですよ。
あと、フラッシュ焚く事によって、現場の雰囲気も無くなっちゃいますしね。
只、技術的本音は、、、、フラッシュ焚きたい。。。。(笑)

さぁ、色々と書きましたが、その辺りを踏まえて本番でっせ!

祭り前の静けさ121

PAさんも最終打ち合わせ122

そして始まる本番125

本番が始まってしまえば、唄なんぞ聞いておる余裕はございません。
一瞬、とにかく一瞬を切り取るのに必死です。

本番ならではの133

何ともいえない173

そんな表情や179

そんな瞬間156

瞬間を154

必死をこいて 184

切り取ります210

いくら準備していても、余裕なんて全然ナッシング。
上でエラそうな事書いてますが、必死のパッチ(笑)
考えてみてください、その瞬間を作り出す演者さんの数、、、13人。
それを撮る人、、、一人。。。。
もう、パニックですよパニック(笑)
そら、失敗作もメッチャ出ます。
しかし、アマチュアカメラマンはそれでエエんです。まず数を打つんです。撮ろうと思って数を打つ。さすれば結果は付いてくるんですよ。

その後もですね、シャッタースピードを変えて

動きを157

表現したり160

 

 

狙った瞬間が撮れる

その喜びを192

噛み締めながら178

撮影したり190

 

稀に訪れる

 

シンクロ率100%や(笑)177

 

我らが裏方チームの晴れ舞台的

ハプニングを199

逃さず撮影したり

何やねんそのポーズは(笑)200

演奏や唄に夢中で全然笑わない会長が

笑う瞬間を195

ゲットしたり196

超絶テクシャンギターリストの

鳴かすぜぇ、203

ギター超鳴かすぜぇ的瞬間を202

ゲットしたりするんです。

 

稀に、観客席後方から会場全体の雰囲気を

超広角で188

前方からも超広角で215

 

思いっきりゴースト入ってますが、キニシナイ!
そんな写真を撮るのです。

 

そして

無事に本番が終わり226

お見送りしまして259

 

お祭りは329

終わって332

いくのです334

まさに

祭りのあとの静けさ…338

片付けも、出演者・裏方総出で行います。
大体この辺りで、私、抜け殻になっております(笑)

——————————————————————————————-
さて、本番編も終わりました。
気になる方は、打上げ編へ進んでください。
打上げ編は、少しのスナップショットのみです。技術的要素はございませんので、すっ飛ばしてもらってOKです。

——————————————————————————————-
【打上げ】

さて、本番も無事に終わり精神的にも肉体的にも限界の摩訶不思議。
私のコダワリとしまして、打ち上げの乾杯までは撮りたいんです。
と云う事で

かんぱ~い341

 

いやーホンマに

御疲れ様でした!345

本当に皆様、やり遂げた充実感と開放感イッパイの

イイ顔!347

イイ顔!351

ステージで笑わないベーシストさんも

後方でイイ顔352

その笑顔をステージで出せっちゅうねん(笑)
今回も『小河邸の約束』大成功

おめでとうございます&御疲れ様でした!364

この後、私もしこたま楽しみました!

——————————————————————————————-
さてさて、長きに渡り書いて参りましたレポートも最後となります。
カメラマンとして撮る作業がございます。そして撮った後は、、、、
恐ろしい【選別&現像作業】が待っておるのですよ(笑)
作業については面白くありませんので割愛致します。
そんじゃ~、この記事は面白いのか?なんていうナンセンスなツッコミは無しの方向で(笑)

稀にライブカメラマンをさせて戴く事がございます。ヒジョーに精神的にやられます(笑)

しかし、そのノウハウが専門のネイチャーフォトに活かされるんですよ。
具体的に言いますと『ススキが揺れるその瞬間を撮る』事が出来るようになるんです。
止まっている風景に【動】の要素を入れ込むことが出来るようになる。何事も繋がっとる訳ですな。

ライブカメラマン、今年も無事に終える事が出来ましたので、本来のマッタリした風景写真家に戻ります(笑)

以下の【サポートする】をポチッとして戴きますと、100円~10000円の範囲で摩訶不思議に投げ銭ができます。 記事がお役に立ちましたら、投げ銭をしてやってください。
LINEで送る

撮影以来のお問い合わせは