超水鏡(スーパーリフレクション)を撮りに行った話 3日目

LINEで送る

夜は結構激しい雨が降っておりました。
目覚ましが鳴る頃にはすっかりあがっておりました。本日の起床も5時。

普段は4:00頃就寝するような非常に不規則な生活を送っておるのですが、合宿に来ますと超規則的。
お日様が沈むと寝て、お日様が昇る頃に起床。
と云うか、夜、眠すぎてもちません(笑)

起床後、いつもの様に片付け・準備をしまして、展望台へしゅっぱ~つ。時刻は5:30。

10分で到着

ほんのり明るくなってくるぐらいですので、勿論、私一人。
ゆっくりと撮影準備しまして、

まずは1枚001

朝靄に包まれる白川郷。
やはり、雨天後にはドラマがありますなぁ~。

だんだんと明るくなってきます。これだけ朝が早いと観光客さんも来ていませんので

人が写り込まない白川郷002

が撮影できちゃいます。
この辺りでボチボチ他のカメラマンさん達が集合、そして下は朝の配達の車が行き交いだします。
そんな時は下に降りて、撮影したい

こんな写真や003

こんな写真を004

ジックリと撮影。人が増えだすと場所取り合戦が勃発しますので、人のいない早朝がオススメですよ!
さてさて、朝靄がかかってはいますが、空を見ますと晴れてきそう。晴れるまで少々時間がかかりそうですので

道の駅 白川郷に戻って

朝飯を食います。
今日も一日動けるようにエネルギー補給でっせ!
カップ麺のきつねそばと昨日購入したわさび稲荷!シッカリ体温も上がりまして後片付けした頃には空も晴れて来ましたので、

再度展望台へ

ええ感じの雲になるまで少々待ちまして

アクセントがついて素敵な写真が008

撮影できました。これにて「秋の白川郷撮影」フィニッシュでございます。

秋の白川郷まとめスライドショー

時刻は8:30。
今回は本当に素晴らしい紅葉に恵まれました。帰宅は【白山白川郷ホワイトロード】をドライブしながのんびり帰りまっせ~。

入り口は目と鼻の先

ここは有料道路です。
料金等はここに詳しく載ってます。

ってか、走り出した瞬間から

既にエエ景色(笑)007

場所はこちら

まだ、朝も早いことですし交通量も無いに等しいので車が停まれる場所を探してはパチリ、探してはパチリです。

只の道をとっても何だかええ感じ012

圧倒的景色に圧倒的紅葉。

もう、言葉はイラナイ014

展望台なんかがありますとね016

登って撮影017

グネグネの道を見つけますとね

すこ~し圧縮すると面白い018

こんな事をしながらですから、全然進まない(笑)
そして、到着しましたのがですね

三方岩駐車場

どうやらここは、チョットしたトレッキングコースがあるらしい。
大丈夫、靴もストックも持ってる。
まぁ、チョットしたって書いてるからバックパックまではいらないでしょう。と斜めがけのカメラバッグに機材を詰め込んでボチボチと登り始めます。。。。

その結果、、、、、

全くもってチョットではない、、、、

おまけに

雪まで積もってる。。。。019

景色としたら最高なんです。景色としたら。。。。でも、雪が溶けてきていて歩きにくいったらありゃしない。。。。

ヒーヒー言いながら頂上まで登りまして

秋の景色と025

冬の景色が024

混在する、とても不思議で素敵な景色を堪能できました。

登るの1時間。
頂上で撮影15分。
下山40分。

ここだけで2時間。。。。

下山しますと無茶苦茶腹が減った。カロリー消費しすぎや。。。駐車場からの景色もすげぇ。。。
と、ここでお湯を沸かしまして「エースコック スーパーカップ大盛りイカ焼きそば」を食べました。

大盛りいか焼きそば

新品価格
¥216から
(2018/11/16 19:43時点)

すげぇ美味かった。。。。景色の良い場所で食べる「大盛りイカ焼きそば」最高でした!
最近、車中泊慣れしてきた自分がコワイ。。。。タブン、一ヶ月ぐらい合宿行けそうな気がする。。。
トウイカイキタイ。。。。。。

さて、お腹もイッパイになりましたのでドライブ再開。石川県側に入りまっせ~。

石川側に来ますとね、何だか

トンネルを絡めた写真が028

撮りたくなる029

まぁ、額縁構図の応用ですので絵になるんですよ。
プラス、明暗差もありますので視線誘導的にも凄くイイんですよ。
皆さん、インスタ映え狙うなら「トンネルと紅葉」ですよ!オススメです。

石川側に来ますとね

滝がある(ふくべの大滝)032

空を入れると非常に綺麗033

次はですね

姥ヶ滝034

引きでも撮影035

流れ物を撮影する時はNDフィルター入れてます。
現場の状況にもよるのですが、強風の時には流しません。
微風ですとND4ぐらい。
この日は無風でしたので、ND2×ND8=ND16で撮影。F値:13、SS:15秒、ISO:100ぐらいに設定です。

使用しているのは角型フィルターでございます。角型フィルターって選ぶ時ヒジョーに悩ましいですよね。
ってか、角型フィルターを語りだすと大変な記事になってしまいますので今回は割愛致します(笑)

そうそう、この姥ヶ滝はですね、

歩かないと辿り着かないDSCN2729

行きの階段は下り。しかし、帰りの事を考えると少々引くぐらいの下り(笑)
今日は、朝から撮りまくったあげく、トレッキングしてからの遊歩道である。遊歩道と言えないぐらいの落差(笑)
まぁ、そこに綺麗な景色があるならば、どんなに疲れてようが、どんなに足が攣ろうが行くんですけどね。。。。

そして、帰りには行きに目星をつけてました

黄色い世界を039

撮影しまして042

地獄の階段を登りました。。。。。
あかん、そろそろ体力の限界や。。。。しかし

撮影場所は次々と

訪れる044

この場所を撮影しまて「白山白川郷ホワイトロード」は終了です。時刻は15:30。
入ったのが10:00頃ですので5時間半程移動&撮影してました。。。。今日、帰宅予定なんですけど、、、、まだ、石川県なんですけど。。。。。

あとは帰るだけや!と思っていると、

誘惑満点の景色に出会う045

もう、「白山白川郷ホワイトロード」終わってますねん。でも、標高も高いし夕日も綺麗ですねん。
出会ってしまったら撮らなしゃーないですやん。。。。ビョウキナンデスカラ。。。。。

パァ~ってなってる写真も撮りまして
047

フィニッシュ!
いや、ウスウス気づいてますねん。今日の帰宅無理かもって。。。。
デモマダアキラメナインデスヨ。。。。。

取り敢えず、「白山白川郷ホワイトロード」のスライドショー

さて、安全運転で帰りますよ!

でも、もしもの時の為に食材は仕入れますよ!20181102_172538

今日も今日とて湯豆腐(笑)
しかし、本日は帰宅してもしなくても打ち上げするんです!
メッチャエエ写真を見ながら酒を呑むんです!っちゅう事でビールとチューハイを大量に仕入れてクーラーボックスへい~ん!

で、体も冷えましたので

しきぶ温泉湯楽里へ20181102_191222

ジェット風呂にて体の凝りもホグシまして、いざ帰宅!

と意気込んだのは良いものの、途中でヘタれました。
っていうか、これ以上運転したら間違いなく居眠りで事故る!そんな時は無理をしないこと!ここまで2泊してるんですよ。2泊も3泊も変わらへんっちゅうねん。

っちゅ~事で、

限界の「道の駅 三方五湖」

先程買い込みました、湯豆腐をアテに一人打ち上げでございます。
この合宿も本当に出来過ぎなぐらい美しい景色に出会う事ができました。体力的に辛い登りや下りもありました。しかし、それを超えた先にトンデモナイ景色が待っている事を何度も経験しています。と、なると行っちゃうよねぇ。。。。。

努力って必ずしも報われるものでは無い事は、歳を重ねた大人なら誰もが知っている事。
しかし、色々な状況を鑑み、現地まで行く努力をしなければ撮影のスタートラインには立てないんです。
スタートラインに着く努力から先は本当に運としか言いようがありません。
いくら現地の天気予報を調べて行ったとしても、ピンポイントで望んだ天気になるとも限りません。又、望んだ状況になるとも限りません。望んだ状況以上になる事も、以下になる事も。。。。

そんな色々な条件があるにもかかわらず、自分の撮りたい景色が撮影できたとなると、それはもう自分の力ではないと思うのですよ。幾度と無く、そんな経験をしますと尚更思います。

これは写真の神さんがくれた御褒美に違いないと。

そう思いますと、

・目の前の風景を如何に撮影するのか。
・真摯に風景に向き合っているのか。
・美しい景色を美しい景色として撮影する為の技術はあるのか。
等など

今までの結果を見ますと、恐らく真摯に写真に向き合えているのかなぁ。。。と思います。
今後もしっかりと撮影技術を含め、色々と磨いていかなければ写真の神さんは微笑んでくれないのだと思います。

最後は何だか摩訶不思議らしくない事を書いてしまいましたが。。。(笑)
合宿へ行くと色々と考えさせられるのですよ!

まさかの四日目へ続く。。。

以下の【サポートする】をポチッとして戴きますと、100円~10000円の範囲で摩訶不思議に投げ銭ができます。 記事がお役に立ちましたら、投げ銭をしてやってください。
LINEで送る

撮影以来のお問い合わせは

1 thought on “超水鏡(スーパーリフレクション)を撮りに行った話 3日目

  1. ピンバック: 超水鏡(スーパーリフレクション)を撮りに行った話 2日目 | 人生摩訶不思議也(Life is Mysterious.)

コメントを残す