小野市で雲海撮影大作戦 其の一 ~仮説~

LINEで送る

今年も無事に竹田城の雲海を撮ることができました。
竹田城跡からの雲海。本当にタイミング次第なのですが、ラッキーでございます。

どうもみなさん、こんにちは。『だいたい何とかなるだろうと思う写真家』摩訶不思議です。

竹田城の『雲海』とは言いますが、竹田城跡のある付近が円山川の川霧に覆われた状態です。雲海の下は濃霧。その濃霧を上から見たのが雲海。
理論的には、濃霧の時に何処か上に行ける場所があれば雲海って何処でも見られるはずなのですよ。
竹田城跡は特別なロケーションに違いありませんが。。。。
雲海写真って何処でもいけるんじゃねーの?と思うんです。

ちなみに

竹田城跡標高:354m
立雲峡第一展望台標高:竹田城跡より少し高いぐらいなので約400mぐらいでしょうか?

この高さで雲海が見えるんですよ。
ちゅうことはですぞ。。。。我が街小野市にもですな、加古川っちゅう川が流れておるわけです。

001

そんでもって、晩秋から早春にかけて年に数回ですが濃霧で1m先が見えないぐらい真っ白けっけになる日があるんです。

そこにですな、私が大好きな『紅山』『惣山』ちゅうのがあるわけです。
紅山:182.8m
惣山:198.9m
一応高い場所ですわな。
ここで重要なのは頂上から見える景色の向きです。002
濃霧のある小野市方向でないといけません。
つまり、『紅山』よりもちょいと高い『惣山』が小野市向きになってます。おまけに『惣山』には展望台もある。
あとは、高さ的に濃霧の上へ出る事ができるか。もし、出ることが出来れば小野市から雲海撮影できるんちゃうのーーーーっ!
と仮説を立てた訳でございます。

仮説を立てたからには、立証せねばいかんのです。
と、云う訳で『小野市で雲海撮影大作戦』がここに始まりました。
今シーズン、雨の降った次の日、午前3時時点の『濃霧状況』をチェック。
(但し、泥酔状態等を覗く。。。)地元ならではの当日チェック(笑)
その時点で濃霧であれば、仮眠後、午前5時頃より『惣山』登山開始です。
20分もあれば登れる山なので、時間的には大丈夫でしょう。
さてさて、どうなる事ですやら。
小野市で雲海撮影出来たら、、、、、考えるだけでワクワクしますやーん。

其の二へ

以下の【サポートする】をポチッとして戴きますと、100円~10000円の範囲で摩訶不思議に投げ銭ができます。 記事がお役に立ちましたら、投げ銭をしてやってください。
LINEで送る

撮影以来のお問い合わせは

2 thoughts on “小野市で雲海撮影大作戦 其の一 ~仮説~

  1. ピンバック: 小野市で雲海撮影大作戦 其の二 ~検証~ | 人生摩訶不思議也(Life is Mysterious.)

  2. ピンバック: 紅山でだるま夕日を狙う! | 人生摩訶不思議也(Life is Mysterious.)

コメントを残す