夕暮れ」カテゴリーアーカイブ

合宿 長野県-2021年秋-4日目

LINEで送る

さてさて、本日のメインイベント。
雲海と富士山の撮影をする為に、2時に起床。外を確認!

お~、真っ白。霧で真っ白!
星は撮影できませんが、雲海は期待できそう。その後ウツラウツラ。

再度3時に起床。
外を確認!まだ、真っ白。またしても、ウツラウツラ。

4時に起床!
真っ白ではありますが、日の出2時間前ですので、撮影準備をして撮影場所へ!

高ボッチ高原山頂へ!

10分も歩けば到着します。すんげぇ寒い。
ここで持ってきた冬装備がようやく役に立ちました。ぬくぬくで夜明けも待ちます。しかし、まわりは真っ白け。

鹿児島のおっちゃんは、霧が晴れるかどうか心配しておりました。なんてたって、おっちゃん、初めての雲海撮影との事。お話聞きますと、定年した2年ほど前から写真を始められたとの事。それにしては、撮影技術の事をとても知っておられて、すげぇ勉強してるなーってのが正直な感想です。

おっちゃん、大丈夫。
摩訶不思議は知ってます。この霧は日の出とともに下がります!そう、竹田城跡の雲海撮影で立雲峡に何度も通った経験から、タブンここも同じだろうと思ってます。外れたらごめんやで(笑)

そして、迎える日の出の時間。そこから約5分。

下がってきた~っ!057

雲海が出来る仕組みや条件は調べて理解しているんですが、この日の出後にまわりの霧が何故晴れるのかは調べても全然出てこないんです。教えて、偉い人。

も~、それはそれは素敵な景色が

目の前に広がる061

雲海に浮かぶ富士山のシルエット。日本人のDNAに刷り込まれている富士山。否応にもテンションが

ダダ上がり(笑)069

そして迎える、

ご来光070

あ~んど

赤富士071

今年、二回も赤富士を拝むことができました。写真の神さんありがとう!そして、おっちゃんも夢中で撮ってます。おっちゃん、初めての雲海がこれって、できすぎじゃ~ありませんか?(笑)

いやー、満足満足。これを撮影する為に2日張り付こうと思ってたんですが、、、、撮れてしましました。。。。ってことで、本日の夕景を撮影後、下山しまっせ~。

取り敢えず、2時から中途半端にウトウトしかしてませんので仮眠!そして腹が減って目が覚める(笑)飯食うで飯!

メスティンで米炊きながら、ラージメスティン乗っけて

湯も沸かすIMG_20211005_082403
間違いないうまさIMG_20211005_084131

米炊く時に、ついでにウィンナーも突っ込んで炊いてます。
まー、こんなロケーションええ所で食う飯は何でも美味い!

さー腹も膨れましたんで~

遊ぶで~073

遊ぶで~075

遊ぶで~076

流石、ボッチの聖地、高ボッチ高原である。遊び易い(笑)
遊びながらも

昼の一枚もねっ!074

ひとしきり遊び終えたのが14時頃。夕焼けまで時間がありますんで一旦車に帰りまして~、昼寝!(笑)そして、本日も鹿児島のおっちゃんとおしゃべりしながら夕暮れ待ち。

そうそう、この高ボッチ高原は漫画「ゆるきゃん△」の聖地であるとの事。漫画自体は小耳に挟んだ事がある程度です。FBのコメント欄で「読んでみたら」ってのがありましたんで、帰宅後漫画を全巻。アニメはシーズン1を全部見ました。「なるほどな~。ソロキャンが流行ってるのって、こういうのからなんや~」って感想(笑)私は高校生の頃にはチャリンコに50kgぐらいの荷物載せて、連れと小豆島やら何やら、あっちゃこっちゃにキャンプに行っていたので、、、、夜、足がつって地獄を見たり、ハンガーノックで体が動かなくなったりするようなキャンプでした(笑)あんなにホンワカではなかったなぁ~。それも、もう30年も前の話デス。

さてさて、夕暮れ時に突入!

エエ夕焼け!本日は富士山も写ります。077

振り返ると、とんでもなく焼けていた078

こっちのが凄いがな(笑)
さー、無事夕焼けも撮り終えました。おっちゃんに挨拶しまして、車に戻り、下山!体もヒエヒエですので

まずは風呂!

久々の銭湯。とても昭和の雰囲気が残る素敵な銭湯でした!IMG_20211005_190047

そして、晩飯を仕入れまして~

IMG_20211005_193135

本日の車泊地へ!

久々にゆっくりと飯を食いました。IMG_20211005_202813

明日は一箇所寄りたい場所があります。観光メイン。その後、帰路につきます。まぁ、気になる場所があれば、寄り道しながら、撮影しながら帰りましょう。

スライドショー 風景パート

最終日へ

以下の【サポートする】をポチッとして戴きますと、100円~10000円の範囲で摩訶不思議に投げ銭ができます。 記事がお役に立ちましたら、投げ銭をしてやってください。
LINEで送る

合宿 長野県-2021年秋- 3日目

LINEで送る

さてさて、メイン撮影地へ向かう為6:00起床。出発準備をしまして

6:00しゅっぱ~つ。今日は体力勝負なのでオニギリ齧りながら~

サクッと到着。栂池ロープウェイ駐車場(7:00)

すでに並んでるんですが、、、、オープンは8時。急いで撮影準備をしまして列に並びました。

前売り券をチケットに交換しまして

いざ、出発!IMG_20211004_073548

絶対寒いと思っていたのに、既に暑い。雲も全く無く、抜けるような青空。ダウンまで準備してきましたが、Tシャツとネルシャツだけで大丈夫そう。

ゴンドラリフトとロープウェイを乗り継ぎましてIMG_20211004_084747_1

30分程で栂池自然園に到着!

今回のメイン撮影地!

さー撮るで!013

バシバシ撮るで!014

時間はたっぷりある!

ハケ待ちもなんぼでもしまっせ~っ!026

いや~、赤い、赤いで!

もう、さいっこう!028

もう、ウハウハですよ。

ただ、徐々に登ってます。025

セルフポートレート039

この時、ネルシャツは汗でびちゃびちゃ(笑)

さらに登る!044
ヒーヒー言いながら、栂池自然園最高到達点046

ホンマに全然雲が無い。山の稜線もくっきりはっきり。ついでに、

摩訶不思議、イキってみる。045

何だか出来る写真家みたい。でも、ネルシャツはベチャベチャ(笑)ここからはネルシャツ脱いで半袖Tシャツ一枚で撮影しました。

さー、ここからは下りやで~。下りながらも

ウホウホいいながら048

撮影049

いやぁ~、満足!大満足の栂池自然園でした。天候も風景も最高!朝飯くったのにカロリー使いすぎて、、、大腹ペコ。普段は昼飯食べないんですが、、、、

蕎麦うま~い(12:15頃)IMG_20211004_121911
ここ

ツユがしょっぱい。関西は出汁文化ですので、少ししょっぱかったです。しかし、あれだけ汗かいたら塩分補給は大事!お腹も膨れましたんで~

下山しまっせ!(13:30)

下山ましたが、体パキパキ、足ガクガク(笑)で、紅葉撮影の為のロケ地が数箇所あったんですが、どこも紅葉が始まっていないんです。メインが栂池自然園でしたんで、仕方ないっちゃ仕方ない。他のロケ地は来年以降撮影に来たいと思います!

で、数日の天気を調べまして、本来今回最後のロケ地の予定だった場所へ行く事に決定!この天気ならチャンスがあるはず!途中、

パキパキな体とガクガクな足と癒やすべく

風呂入るで!(14:15)

道の駅 ぽかぽかランド美麻IMG_20211004_140656

ゆったり体をほぐしました。いやぁ、生き返った!さー出発出発。

晩飯を仕入れながらね!

15:15頃IMG_20211004_145901

そして、とうちゃ~く。

ボッチの聖地、高ボッチ高原(16:45)

夕暮れ時に間に合いました。この駐車場、オートキャンプスペースやら普通のキャンプスペースやらがあって、車泊でも過ごしやすそう。私が停めた横には鹿児島ナンバーのキャンピングカーが。あの道、よう登ってきたな(笑)ってか、鹿児島からか~いっ!

さてさて、日の入りも早い時期です。撮影準備しまして。いざっ!

映画「君の名は」で有名な諏訪湖055

目視では富士山は確認できるのですが、写真では厳しい状態です。
この時、お隣のキャンカーのおっちゃんとお話。私の亡くなった母方の祖母が鹿児島なもんで、鹿児島どこから来たのかと尋ねるとですね。。。。なんとなんと祖母と同じ町(笑)。字(あざ)が違うだけでした。昔行った記憶を頼りに色々とお話。祖母の家は、すんげぇ山の中で町まで出るのに30分。水は井戸水。風呂は五右衛門風呂。星は超綺麗。そんな素敵な場所でした。現在、家は崩れてしまってもう無いんです。

私らが帰省した時には、かならず飼ってる鶏潰して料理してくれてたなぁ~。あれ、すんげぇ美味かった思い出。特に玉ひもの甘辛煮が好物でした。我が家、味噌は祖母が送ってくれた手作りの麦味噌。梅干しは歯が浮くぐらい塩っぱい手作りの梅干しでした。最近、麦味噌作ったり、梅干し作ったりしているのは、この祖母の味が食べたくなったってのもあります。歳とったって事やな(笑)

ここから、このおっちゃんと一緒にお話しながら撮影。摩訶不思議にしては、ヒジョーに珍しい事です。撮影中って、あんまり交流しないもんで、、、、、

と、夜景まで撮影してフィニッシュ(18:00)056

ここで持ってきたダウンが役立つという。すげぇ寒かったです。車に戻りまして~

晩飯!IMG_20211004_183505

皆さん、外飯してますんで、私もキレイな夜景を見ながら外飯です。こういうのええなぁ~。今度はキャンプだけするかなぁ~。まぁ、機材は積んでいくけどね(笑)

そして、明日の朝撮影の為、早めに就寝です!

4日目へ

以下の【サポートする】をポチッとして戴きますと、100円~10000円の範囲で摩訶不思議に投げ銭ができます。 記事がお役に立ちましたら、投げ銭をしてやってください。
LINEで送る

合宿 長野県-2021年秋- 1日目・2日目

LINEで送る

ようやく緊急事態宣言も開け、感染者数も激減しております。
しかしながら、第六波への備えは大事ですな。

どーも、皆さんこんにちは。
「コロナ禍でも元気一杯な写真家、摩訶不思議」です。

今回は二年前に計画しておりましたが、令和元年台風19号での水害で計画を断念。復興の様子を確認しましての合宿決行です。

今回、結構体力が必要だろうな~と思いまして、1日で到着できる距離ではあるのですが、2日間かけて移動。撮影は平日に行いたい事もあります。体力温存作戦でいくのですっ!

ってことで、1日目、2日目は移動ですので、さら~っといきまっせ!

出発は2021/10/2(土)の正午過ぎ。もう、この時点でノンビリしています。出発が午後て(笑)

取り敢えず、小浜で晩飯の仕入れ

16:00頃

 

そのまま夕暮れ時、せっかくなので海岸線をドライブドライブ!

スマホで撮っても素敵なブルーアワーIMG_20211002_181129_1

秋の夕暮れ、海沿いドライブって何だかドキドキしますよね。空気の温度感やかほり。最高ですね。
しかし、現在(2021/10/11)は、30℃近い温度が続いております。10月も中旬なのに、、、、
で、体も冷えましたんで風呂!

波の華温泉(18:30頃)

IMG_20211002_183856

海辺の露天風呂は、海が見えて最高やなぁ~。ここの近くの海岸は、冬になりますと波の花のメッカ!荒れ模様の天気でないと出ませんがね。

でもって、車泊地へ!

道の駅 みくに(19:30頃)

ここ、何だか来たことあるなぁ~と思い調べますと、3年前「波ざっぱ~ん合宿 二日目」に来てました(笑)

飯食って、一日目しゅうりょ~IMG_20211002_194428


そのまま二日目へ突入。

2021/10/3(日)

まったり起床(6:00)。本日も安全運転でいきましょ~。それでは出発(7:00頃)

と、その前に、今回のメイン目的地の前売り券を購入

ファミリーマート三国新保店

改めて出発。どんどん走りまっせ~。途中、腹がへりましたんで昼飯。

道の駅 越後市振の関(11:30頃)

たら汁定食IMG_20211003_114305

この辺りでは有名らしい。タラ一匹丸ごと入っててワロタ。タラのアラせせったん初めてです(笑)
さぁ、お腹も膨れたんでドライブ再開~。途中、寄り道寄り道。

道の駅 親不知ピアパーク(12:30頃)

天気も最高、海も綺麗でした。時間的に余裕があるって素敵ですな。さて、本日の車泊地まで30分程で到着するのですが、まだまだ昼過ぎ。ってことで、何かないかな~と調べますと。あった。

高浪の池展望台(14:00頃)

綺麗ですがな001

そして、最近撮影しているセルフポートレート。20211003001

とはいえ、恥ずかしいのでバックショットばっかりです。撮るのは得意ですが、撮られるの苦手(笑)これをセルフポートレートというのかは甚だ疑問ですが、、、、
もともと、弾き語り用のアー写撮影を目的に撮影し始めました。しかし、ギターを持って行ける場所ばかりではありません。そんな時はカメラ持ったバックショットを撮影します。FBの方には面白おかしく写真にテキストを載っけてます。
ただ、やはり人様の目に触れる作品。ネタでも一切手は抜きません。構図、設定もバチバチです。ゴリゴリの風景写真家が。その風景の中に人を入れて撮影したら、いったいどうなるんだろうという実験的な試みでもあります。本来であればモデルさんを撮影すれば良いんですが、時間帯や場所の事を考えると、そんな過酷な場所にモデルさんを連れて行くわけにもいかんので、、、、自分であれば、確実にその場所にいますから、、、(笑)

撮影していて思った事。景色を見た瞬間に構図は思い浮かびます。他の方を撮影するのであれば、そのイメージを伝える必要があります。これが結構厄介。お互いにピタッとくるのに結構時間を要します。しかし、自分であれば、もう、イメージに当てはめるだけ。撮影した写真を見て、位置、角度等の微調整だけで完成します。出来上がりまでが、ヒジョーに早い。まぁ、頭の中にある写真を現実に落とし込むだけなんで、そら早いか(笑)

と、長々と語ってしまいましたが、今後、バックショットがちょいちょい登場します事、ご了承くださいませ。

展望台から降りてみる

この時間なのに、リフレクションがいけるっていう004

時間も15時頃ですんで、風が出て波々なはずなんですが。。。。

ラッキーラッキー006

さー、ええ時間になってきたんで、夕日でも見にいきましょ~。その前に、晩飯の買い出し。

マルニハピー横町店

で、良さげな場所へ

ヒスイ海岸(16:00頃)

少々待ちまして~

いい夕日!010

もうすぐ今日が終わる~ やり残した事は無いかい~♪(by かりゆし58)009

本日は、マジックアワーで終了012

移動日なのにガッツリ撮影してします、悲しき写真家の性(笑)

ほんとは010-1

走り回ったんですが、撮影できる場所がありませんでした。この場所でも時期をあわせば撮影できます。まー、移動日移動日(笑)

お昼はスンゴイ暑い(28℃)ですが、流石に日が沈むと寒い。風呂行くで風呂!

ひすいの湯(18:00)

IMG_20211003_180928

あったまりまして、車泊場所へ

道の駅 小谷(19:00)

飯食って~IMG_20211003_192212

明日から撮影本番。体力もいるんで早めに就寝!

全然さら~っとじゃなかった(笑)

3日目

 

以下の【サポートする】をポチッとして戴きますと、100円~10000円の範囲で摩訶不思議に投げ銭ができます。 記事がお役に立ちましたら、投げ銭をしてやってください。
LINEで送る

年賀状選考委員会2021

LINEで送る

昨年(2020年)もあっちゃこっちゃに行きまして、撮影しました。
その中で年賀状用の素材を選考する季節がやってまいりました。

どーも、みなさん、こんにちは。
『一人しかいないのに選考委員長の写真家、摩訶不思議』です。

記事の公開は年明け(2021年)ですが、書いてるのは2020年の年末です。

仕事用の年賀状は別なのですが、プライベート用、音楽関係者用の写真を選びました。

選考基準は、何だか目出度い写真であることですとか、摩訶不思議的に年賀状にしたーいっって写真です。
まぁ、選考委員長の独断と偏見で選ぶってわけですな。

まずは、2020年1月9日~10日、『合宿 富士山』で撮影しました3枚。

ダイヤモンド富士(夕景)001-4

パール富士001-2

紅富士リフレクション(山中湖)001-3

とにかく、御目出度い写真が撮りたくて決行した合宿。無茶苦茶たくさん御目出度い写真が撮影できました。日本人の心に刷り込まれた山、富士山。圧倒的でした。

次の候補は2020年3月6日、山口県での依頼撮影後に行いました『合宿 落椿』。その帰り道によりました、島根県の宍道湖にて撮影しました。

ぬめぬめ地蔵001-5

夕暮れ時、お地蔵さんと宍道湖に浮かぶ嫁ヶ島、湖面のヌメヌメと流れる雲。
ピターッと止まる被写体と流れる被写体の対比が何とも素晴らしい1枚です。少々自画自賛が過ぎますが。。。(笑)御目出度いと云うよりは、摩訶不思議が大好きなだけです。

そして、記憶も新しい『合宿 北海道-5日目-(紅葉ハンター2020)』の1枚。
10月に水のないタウシュベツを撮影すると云う目標。この合宿の決行を決定づけた場所でもあります。

そして、色々な状況に恵まれ、写真の神様にも微笑みまくって戴きまして撮影できた1枚。

天の川とタウシュベツ川橋梁001

全ての写真を見直しました結果、この5枚が候補写真となりました。

その中で選ばれた1枚は、、、、こちら!

紅富士リフレクション(デデンッ)001-3

どの写真も特別な状況で、撮影できる事自体稀ではあります。その中でも摩訶不思議的には、『天の川とタウシュベツ川橋梁』が無茶苦茶思い入れのある1枚でございます。
普通の年の年賀状であれば間違いなく『天の川とタウシュベツ川橋梁』に決定しておりました。

しかしながら、昨年(2020年)は世界中が混乱し、日本も大混乱。未だに混乱が収まりません。

『一富士 二鷹 三茄子』と初夢で見ると縁起が良いと言われております富士山。日本人の縁起物ですよね。

赤富士の言い伝えとしまして
・災厄を逃れる
・商売繁盛
・願望が成就する
・悪縁を断ち切る
ってのがあるらしい。まぁ、とにかく縁起がエエみたいです(笑)
しかし、これは『赤富士』の言い伝えでして、『紅富士』のものではありません。

『赤富士』と『紅富士』は厳密には違います。

『赤富士』
夏の朝夕、山の地肌が日光で暗褐色(赤色)に色づく状態です。冠雪をしていない富士山の山肌を朝日が照らし赤く染まった富士山のこと。

『紅富士』
真冬の朝夕、富士山が冠雪した状態で朝日に照らされ赤く染まり、鮮やかな紅色に染まる富士山の事。

とはいえ、現象としては同じでしょう。まぁ、『赤富士』の方が撮影機会は少ないですが。。。個人的には冬や雪が大好きですので、『紅富士』が好きですなぁ~。機会ありましたsら『合宿 富士山(赤富士編)』にも行きたいと思います。

そして、そんな『紅富士』を山中湖のリフレクションと一緒に撮影しまして、二度目出度い(笑)受け取った皆さんが何だか御目出度い気持ちになるだろうなぁ~と思ったのは、この『紅富士リフレクション』一択になりました。

摩訶不思議から『紅富士リフレクション』の年賀状が届いた方は、毎日、目に入る場所に飾ってみてください。何だか元気が出てきますよ!ぇ?気のせい?

まー、正月なんですから固い話は抜きにしましょう(笑)

そして、昨年より『撮影した写真をプリントしよう委員会』

昨年(2020年)撮影しました9745枚から

484枚選びました。IMG_20201226_162615

今飾っている写真と

総入替えしたいと思います。IMG_20201226_162521

本年が皆様にとって素敵な年になりますよう、お祈り致します。

本年も宜しくお願い致します!

今年もあっちゃこっちゃ行きまっせ~。

以下の【サポートする】をポチッとして戴きますと、100円~10000円の範囲で摩訶不思議に投げ銭ができます。 記事がお役に立ちましたら、投げ銭をしてやってください。
LINEで送る

合宿 北海道-8日目-(紅葉ハンター2020)

LINEで送る

本日の起床は5時。日に日に起きる時間が早くなってます。
到着した日以外、とても暖かく寒さで凍える夜はありません。天気は予報通り曇天。

出発準備をしまして~、出発!(5:30頃)

まずは、有人駅日本最東端の

根室駅へ到着!(7:00頃)

001

時刻表を見ますと、8時頃に電車が来るみたい。
それまで車で時間を潰しまして~。

記念写真を撮影007

記録に残すって大事008

大事010

8:10頃に根室駅での撮影を終えました。本日は、観光なんぞをしたいとオモイマス。
11時開店の回転寿司を食べるには、時間がありすぎます。ですので~

本土最東端(納沙布岬)へ行ってみる。(8:30頃)

記念撮影をね!014

納沙布岬で思ったこと。。。。

政治色が強すぎる、、、、013

学校で習った北方領土の知識ぐらいしかありませんでしたが、、、それにしても

強すぎる、、、、018

帰宅後、北方領土問題について色々調べてみました。
歴史としてなるほどと思うこともあれば、どうなんやろな~って事も。まぁ、人それぞれの立ち位置や考え方で捉え方っちゅーのは変わるもんです。

北方関連予算が毎年16億ほど計上されてるって事は、勿論、利権もあるんやろなぁ~とかね。
その割に、北方領土の問題って認識されてないですよね。。。。風化させないための運動は大事です。

でも、自然の景観を潰してまでも

することか?020

これは『風景写真家 摩訶不思議』個人としての意見です。

只、現地に行って、その空気を

感じるってのは022

とても大切な事。
現に私も帰宅してから、北方領土問題を深堀りして調べました。先程記載しましたが、『自然の景観を壊してまでもする事なのか?』と云う疑問からです。入り口は、どんな角度でも良いんですよ。『疑問に感じて、調べて、自分の感想を持つ。』

納沙布岬に行かなければ絶対に調べていないと思います。人生のどこかでは調べていたかもしれませんが、今が一番早いとき。

何を今更と思われる方もいらっしゃるかもしれません。でも、人間なんて知らない事の方が多いんですよ。疑問に思った事を疑問に思った時に調べる。鉄は熱いうちにね?それを一生続けりゃエエんです。
私は、今後も撮影を通して日本の『~問題』を感じる事があると思います。その度に調べていくと思います。一生知らない『~問題』もあるんだろうなぁ~。

と、小難しい話はここまでにしまして~

何だかモヤモヤしたまま撮影をしました(笑)023

さーて、観光もしましたし、

洗濯するで!(9:40頃)

IMG_20201022_095111

たまった洗濯物をつっこみまして~、90分程時間がありますので

スーパーマーケット欲を満たすべく

ホクレンショップへ!!(10:00頃)

IMG_20201022_100359

晩飯を物色するのではなくですなぁ、鮮魚コーナーや惣菜コーナー、練り物コーナーを物色。

調味料コーナーで

『はぼまい昆布八方つゆ』を発見!これ一本でたいていの料理いけるんですよ~。

結構エエお値段しますが、迷わず購入!
小一時間程スーパーを徘徊しまして、

洗濯物を回収に舞い戻る!(11:00頃)

んでもって、ちょっと高級な回転寿司

『花まる 根室本店』へ!IMG_20201022_110633

地元のネタ中心にめっちゃ食った、、、、

お腹パンパンです、、、IMG_20201022_111130-tile

ここ、夜やったらツマミながら呑んだら美味いやろなぁ~。お支払い約5000円。。。。贅沢しすぎやな(笑)

さーて、色々できたし、そろそろ網走方面へ走るでぇ~。(12:10頃)
と、その前に、斜里町で行っていなかった

天へ続く道へ(14:40頃)

天気予報は曇りでしたが、、、、現地に到着すると青空が広がっております。本日は撮影お休みの予定でしたが、、、、

晴れてちゃ~しょ~がないなぁ~029

一応展望台からも撮らな

しょ~がないがなぁ~032

夕日も押さえな

しゃ~ないがなぁ~033

マジックアワー近くも押さえな

しゃ~ないがなぁ~(16:40頃)037

一日でも撮影せなんだら、死んでまう病気なん?(笑)
いやいや、そこのエエ景色があったら夢中で撮影してしまう病気なんです。

棚ぼた的に撮影できたエエ景色。大大大満足です。
さ、今度こそ網走へ!

本日は、今まで溜まった体の疲れを取る為にホテル泊です。

網走セントラルホテルへ(17:40頃)

チェックインしまして、

地域共通クーポン1000円分もらうIMG_20201022_181300

そして、飯を食いに、、、ってか、呑みに、、、、

『蒸汽船』と云う店に!

もう、緑茶ハイなんぼでも呑めるアテばっかり、、、IMG_20201022_192556-tile

疲れているので、このままやったら店で寝落ちの危険ががが、、、

ってことで、20時前にはホテルへ撤退、撤退!コンビニでチューハイ買ってね!

ホテルではすぐにベッドに飛び込める準備して、チューハイ呑みながら現像しまして、この日は終了。

9日目へ

以下の【サポートする】をポチッとして戴きますと、100円~10000円の範囲で摩訶不思議に投げ銭ができます。 記事がお役に立ちましたら、投げ銭をしてやってください。
LINEで送る

合宿 北海道-7日目-(紅葉ハンター2020)

LINEで送る

知床峠からの日の出を撮影する為、4:30起床。本日(2020/10/21)の日の出は5:43。
出発準備をしようと外にでますと、鮭釣りのオッチャンは既にいなかった。。。さすが釣師、、、

5時前に出発!

サクッと到着(5:20頃)

マジックアワーを1枚おさえまして~001

日本の日の出である(5:45頃)002

前に見える島は、近くて遠い島『国後島』です。
放射冷却の影響で、6時頃には霜であたり一面真っ白に。ちなみに帰宅した(2020/10/27)三日後には積雪で通行止めになっていました。

さー、朝日も撮れましたし、道の駅に帰ってカロリー補給するでぇ~。今日は、知床五湖の地上遊歩道を散策するのですよ!

と、帰り道、カムイワッカ湯の滝の分岐点に遭遇、、、、そういや、行ってない、てか、撮ってない。観光客が来ないうちに撮影に行こう!知床五湖フィールドハウスは本日(2020/10/21)からは8:30オープン。時間はたっぷりございます。

ってことで、途中から舗装されていない砂利道を進む。

鹿鹿天国005

到着(7:00頃)

010

車から降りた瞬間、すげぇ獣臭。

一の滝006

あったかいわー。
この滝、酸が強いせいか苔が全く無く、普通に長靴で登る事ができます。全然すべらへん。枯れ葉の場所が危ないぐらいです。

湯気もあがってます017

上に登りまして~

エエ景色!007

さらに上を目指すも

行き止まり016

サクッと下りまして、道の駅に向かうで~。と思いましたが、7:30。もう、直接フィールドハウスに向かったほうが良さげ。

ってことで、レッツゴー!

途中、エエ景色を

撮影しながら~013
このへん

そして、途中に再度

鹿鹿014

天国015

さてさて、知床五湖フィールドハウスへの分岐まできました。(8:00頃)

しかし、ゲートが閉まっております。車が3台程並んでおりましてので、その後ろにつけまして~

カロリー補給やで!IMG_20201021_081128

ホンマにゆで卵便利。マヨ醤油でいただきます!

8:30ゲートが開きましたので

いざっ!

受付を終わらせませして~

認定書をもらうIMG_20201021_085353

ネイチャーモードの準備をしまして~IMG_20201021_084730

20分の講習を受けます。
ビデオで熊に出会った時の対処法等を学びます。

約3kmの散策に~、いざ出発!(9:10頃)IMG_20201021_091709

てくてくと歩いていきますと~

リフレクション019

リフレクション022

&リフレクション027

天気も最高、湖面も

ピターっとね!033

ウハウハと大好きなリフレクションばっかり撮ってました(笑)

んでもって、昨日撮影した

高架木道に出ます(10:40頃)037

ここで撮影しながら少々休憩。その後、高架木道からの

景色を楽しみながら042

駐車場へ戻る。
さてさて、次は青空のもと、知床峠からの撮影をしまっせ~。

そう、

寄り道しながらね!044

このへん

本日の朝日撮影場所に到着。(11:40頃)

051

お昼の景色も堪能、堪能047

さて、知床での撮影も一段落。
本当ならば徒歩でないと立ち入れない場所の撮影もしたいのですが、流石にネイチャーガイドさん同伴でないと怖い。しかし、ネイチャーガイドさんの予約なんて入れてないもんですから、、、、

何だかんだ考えますと、出来すぎな知床撮影。撮りたくなったら引き返しゃーエエしね!
ってことで、取り敢えず、羅臼に行ってみることにする。
ありがとう、知床!帰ってくるかもしれんけどな!

ってことで、知床峠を出発(11:55頃)。
ちょうど昼飯時ですし、『道の駅 知床・らうす』を目指してみる。

途中、二度目の

ヒグマに遭遇054
このへん

何だか睨まれてる気がするんですが、、、、、

柵を乗り越える055

何だか熊のぬいぐるみみたいやなぁ。。。
いやぁ、、、ホンマに自然のレベルがすげぇわ。

『道の駅 知床・らうす』に到着(12:30頃)

飯の値段見てびっくり。軒並み2500円超えてます。グルメツアーならまだしも、撮影旅ですので却下!
近くのセコマで済ませました

ここ

飯を食いながらですねー、一応行ってみたい場所リスト的なものを作っていましたので物色物色。
めっちゃおもろそうな場所あった!『試験出るどうでしょう』にも出てきた場所。

ってことで、『野付半島』へ進軍する!

野付半島の入り口で

1枚!(13:40)056

世界の果て感が凄い058

ここ

ナラワラで

ヌメヌメ059
ここ

いやぁ~、エエでエエで~。

野付半島ネイチャーセンターなるものに到着。(14:00)
060

ここにはトドワラの枯木群なるものがあるらしい063

レッツハイク!

ホンマに世界の果て感が強い場所ですなぁ~。062

そして、トドワラでも

ヌメヌメ(笑)065
ここ

ぼーっと休憩しながら

鳥撮ったり066

ブラブラしたりと069

何だか観光っぽくなってます(笑)まぁ、行ってみたいリストですのでエエでしょう!
ってか、タウシュベツ、知床とメインの撮影は終わってますので、あとは風の吹くまま気の向くままですよ!

さーて、ここまで来たので、行けるとこまで先っちょに行くで~!

とはいうものの

そんなに先には行けなかった。。。(15:50頃)

073

この駐車場より先は車両通行禁止になってました。徒歩や自転車で行けるみたいですが、時間が時間ですので『今回は』断念。

次回はこの先に行ってみたいとオモイマス。075

灯台がありましたので

撮影074

そして、暮れゆく夕日を

撮影077

本日も良い撮影が出来ました。機材を持って車へ移動している途中、何だか鳴き声が、、、、

目を凝らして見てみますと

カッコええ鹿おった!079

背中で語る、何とも男前な鹿ですがな。

さーて、冷えてきましたので風呂を探そう。

令和のこの時代に、何とも昭和チックな名前である(笑)(17:20頃)IMG_20201021_173039

ここ

えーお湯でした。
晩飯の為に、スーパーを探しに行ってみましたが、、、、ネットに書いてある閉店時間前に閉店してました。。。。

ここ

致し方なく、今夜も

セコマ飯を購入

嫌いではないのですが、続きすぎ(笑)
そろそろ、スーパーマーケットが恋しくなってきました。。。。

そして、本日の車泊地

『道の駅 おだいとう』へ(19:00頃)

晩飯!IMG_20201021_183639

明日からの二日間は天気が悪いみたいですので、ちょいとゆっくりします。
移動日、休息日に充てます。溜まっている洗濯物とかも処理せないかんしね!

スライドショー

8日目へ

以下の【サポートする】をポチッとして戴きますと、100円~10000円の範囲で摩訶不思議に投げ銭ができます。 記事がお役に立ちましたら、投げ銭をしてやってください。
LINEで送る

合宿 北海道-6日目-(紅葉ハンター2020)

LINEで送る

本日の起床、5:30。
合宿中は非常に健康的な生活になりますなー。

さて、本日は、今回の合宿メイン撮影地、知床へ進軍するっ!
知床の撮影したい所があるわけではなく、『知床で』撮影したいのである!ですので、『何だか納得するまで知床に滞在する』のです。まぁ、納得しましたら1日で終る可能性もありますし、納得しなければ一週間滞在するかもしれません。。。。。

出発準備をしまして、6:30知床へ向けて出発!

でも、エエ景色がありますと

すぐに止まる(笑)001

ここ

途中、

オンネトーに寄り道

005

本日もえー天気!007

途中、菜の花みたいな物に出会う。010

ここ

その場で調べてみますと『キカラシ(キガラシ)』と云う植物らしい。花の形からも分かるのですが、やはり、アブラナ科。何でこんな時期にと、少々深堀りして調べますと、

美瑛からオホーツクにかけてのエリアでは、夏から秋にかけて黄色の花が咲き乱れる。、それらも緑肥用として植えられた植物たちである場合が多い。(観光用に植えられているものもある。)1週間から10日ほど一面を黄色に染めた後、耕運機で一気に土にすきこまれ、次に栽培される作物(馬鈴薯、小麦等)の肥料となる。

一週間から10日なんて、何だか桜みたいな感じですなぁ~。また、一つ賢くなりました。
現地で疑問に思うことは、現地で調べる。でないと、すぐ忘れてしまうもんで、、、、(笑)。本当に便利な時代になったもんです。

さーて、移動移動。

道の駅 しゃり(11:00)

この旅初めてのお店で食べる飯!斜里町で食べるものいえば、勿論

これやろ~IMG_20201020_112752

昨日、タウシュベツで最高な撮影が出来たお祝いお祝い(笑)

最高に美味い!IMG_20201020_113253

いくらも美味いのですが、、この『漬け焼き』が無茶苦茶うまーい。

さー、カロリー補給もできましたんで、移動移動!

オホーツク海を臨みながら走る!014

ちょっと寄り道

オシンコシンの滝(12:50頃)

前回はヌメヌメできませんでしたので、今回は

思う存分、ヌメヌメする!016

するっ!017

途中、亀みたいな岩を発見する021

ここ

名前はやっぱり『かめ岩』でした(笑)

途中、ウトロで唯一のスーパーに寄って、晩飯を物色。(13:10)

キャンプで使えそうな、美味そうな食材はたくさんありますが、車泊では中々厳しい。
今日はセコマ飯やな。。。。

ってことで、次~。

知床五湖フィールドハウスと間違えて寄った

知床自然センター(13:30)

さぁ、高架木道から知床五湖撮るぞぉ~と息巻いて歩くも

フレペの滝???022

いや、途中から何か違う気がしてました。。。でも、半分以上歩いていたら、取り敢えずゴール目指すよね(笑)別名『乙女の涙』と呼ばれているらしい、、、水量が全然ない、、、、むしろ

展望台から後ろを見た景色の方が

素晴らしい024

さーて、急いで引き返すでぇ~と帰り道

ノッソリ登場026

道塞いでますんで、通れません。
おまけに、角で枯れ葉ワサワサ放り投げて遊んでる(笑)

これはチャンスとばかりに、望遠にレンズ変更して~、最高にカッコええ表情を~

ゲット!027

男前やがなっ!028

無事に道も空けてもらえましたので~、移動!
知床五湖フィールドセンターへ向かう途中

めっちゃエエ景色やがな、、、、(14:24)029
ここ

いやぁ、自然のレベルが凄いわ。。。。先を急がねばいかんのですが、、、まぁ、間に合うやろ的な、、、(笑)

そして、ついに

ヒグマに出会う031
ここ

でかいし、堂々と道歩いてるし、、、知床、すげぇな、、、、

そして到着

知床五湖フィールドハウス(14:40)

本日は高架木道から、夕焼けに染まる知床の紅葉を撮影しまして、フィニッシュです。

夕日になるまで

まったり034

のんびり035

撮影036

高架木道の最終地点の展望台からの撮影です

ここに到着してからは、三脚に2台カメラ据えて、リモートシャッターで水面が止まった瞬間だけを

撮影038

水面が止まるまでは、ぼぉ~っと景色を見ております。

この場所には、記念撮影用の

こんな看板が設定されております。041

そんな、ぼぉ~っとしている写真家は声をかけやすいのか

大きい兄さんや姉さん、兄さんや姉さんにスマホのシャッターを依頼されます(笑)
勿論、全力でシャッターをきるわけですよ(笑)
SNSの連絡先交換したり、おしゃべりしたりと、中々旅らしい事をしました。

そして、夕日に赤く染まる

知床の紅葉043

いやぁー、無茶苦茶エエがな!

この後、高架木道を移動して

夕日待ちしましたが、、、(16:15)044

残念ながら雲の中へ。後で調べましたら、夕日は北海道の真ん中あたりに落ちるので、山々に隠れてしまいそうでした。

その後、駐車場への帰り道、先程シャッターを切ったお姉さんにお会いしまして、お話しながら駐車場まで戻りました。

この日(2020/10/20)は知床五湖フィールドハウスの営業時間は16:30まででしたが、なんとなんと、翌日(2020/10/21)から16:00で閉園だったみたいです。。。。何ともラッキーでした。16時やったら赤く染まってないで、、、、

これが16時頃の写真040

知床五湖フィールドハウスのHPに営業時間が書いてあります。訪問予定の方はクレグレモ下調べを、、、、

知床五湖フィールドハウス

さてさて、無事に知床初日の撮影を終えまして~、まぁ取り敢えず

冷えた体を温めるで!(17:10頃)

IMG_20201020_171110

風呂に浸かってますと、旭川のオッチャンに話しかけられる。
どうやらオッチャンは車泊で鮭釣りに来ているとの事。今年はあんまり多くないって言ってました。でも、前回は40匹釣ったとかなんとか、、、、それ少ないんか?(笑)

実はですね、装備一覧には載せてませんでいたが、私、釣り道具もキャリアのRVボックスに入れて持ってきておりました。仕掛けは『鮭釣り』と『穴釣り』と『ちょい投げ』。

あまりも曇天が続くようでしたら、カメラほっぽり投げて太公望にでもなろうかと(笑)。『鮭釣り仕掛け』はしっかりと予習して自作していたんですが、、、お陰様で殆どの日程は晴天でしたので、太公望になる暇はございませんでした。

そして、本日の飯を買いに

セイコーマートへ(18:00)

そして、本日の車泊地へ(18:10)

車泊の準備をしてますと、窓をコンコンと。

さっきの鮭釣りのオッチャンでした。お隣で車泊するみたい。今度は車泊装備の話で大盛りあがり(笑)
ある程度お話しまして、

『良い旅を!』

とお別れしました。
合宿中、色々な方とお出会いします。その中でも旅をしている方との挨拶って、『さようなら』でも『またどこかで』でもなく、『良い旅を』なんです。お互いに。何だか素敵な言葉ですな。

んでもって、セコマ飯食って~IMG_20201020_183138

明日の撮影に備えて就寝(20:00)。
明日は朝一、知床峠からの朝日を狙うのです!

スライドショー

7日目へ

以下の【サポートする】をポチッとして戴きますと、100円~10000円の範囲で摩訶不思議に投げ銭ができます。 記事がお役に立ちましたら、投げ銭をしてやってください。
LINEで送る

合宿 北海道-5日目-(紅葉ハンター2020)

LINEで送る

さてさて、タウシュベツ川橋梁を腰を据えて撮影予定な二日間。
役所の開庁時間は8:30ですので、7:30に起床、出発準備しまして8時には『十勝西部森林管理署東大雪支署』に

到着

すでに3人ぐらい並んでる。。。。先着順ですので、私も並ぶ。
8:30入場→職員さんの説明を受けまして~

無事に借りることが出来ました。IMG_20201019_084219

30人以上並んでました。もし、鍵を借りる方は早めに並ぶことをオススメします。

で、早速いくでぇ~、と思いましたが山ごもりみたいになるので

取り敢えず、セコマで朝飯買って食う!

さて、色々と準備も整いましたので、

いざ、出陣!

ゲートの鍵をあけまして~(9:30頃)IMG_20201019_092523

林道を4km程進みます。道はデコボコですので超徐行。パンクしたらシャレナラン。。。。

で、駐車スペースに到着です!

撮影準備とクマ対策をしまして~(9:40頃)IMG_20201019_124228IMG_20201019_094018

 

ごたいめ~ん(9:50)001

駐車スペースから400m程歩きます。
いやぁ~、いいっ!

取り敢えず

ウホウホ言いながら002

撮りまくり!003

紅葉とタウシュベツ川橋梁。第1目標達成!

次に、ネットの画像でも見たことのない

ヌメヌメさせるや~つ004

や~つ006

や~つ017

夕方、長秒露光で流した写真は見かけたことありますが、真っ昼間に雲を流す写真は見当たりませんでした。見当たらないなら、撮ればいいじゃな~いの精神(笑)

天候も晴天だったり、曇天だったりとバラエティ豊か。最高のヌメヌメ撮影できました。

もう、最高や、、、024

第2目標達成!
第3目標は、早朝、止まった湖面でのタウシュベツリフレクションなのですが、、、ふと気づく。

流れ込んでるよね、、、、021

ってことは、湖面止まらないんですよ。。。思わぬ盲点(笑)
いや、よく考えたら気づく事なのですが、目標立てる時点では全くノーマーク。

その為に二日間と云う日程を組んでいました。
まぁ、この時点では第4目標が撮影できるかどうか分かりませんので、更に撮影を楽しむ!

ここで一旦休憩を挟む。
近くの街まで降りてきました。

糠平温泉郷

ここで前半戦のバックアップとコーヒーブレイク。缶コーヒーですが、、、(笑)

茹で卵でカロリー補給IMG_20201019_141032

長期合宿では、手っ取り早くお腹を膨らせる為に茹で卵を持参します。コンビニやスーパーがある場所ならおにぎり買ってかじるのですが、山の中ですと中々そういうお店もありません。
ゆで卵にマヨ醤油かけると、結構なカロリー摂取ができます。体力を回復させまして、舞い戻る!

15:40頃

夕方が始まる時間帯028

秋の日はつるべやでぇ~グヘヘヘ

ってことで、あっちゅうまに焼けてくる時刻。

なんちゃってリフレクションも撮影030

勿論、ヌメヌメも忘れない033

忘れない035

夜の帳が下り始める頃

三日月がお出迎え036

何とも雰囲気抜群である。

何と、三日月で

ムーンロード040

あかん、たまらん!
夢中で撮影してますが、この時刻になると私一人、、、、、
鹿の鳴き声があっちゃこっちゃから聞こえてきます。熊の声は、、、ワカリマセン、、、、、

そして、第4目標の時刻が訪れる。

そう、

天の川とタウシュベツ川橋梁(17:45)042

ホンマに撮りたかったやつ!
夏であれば、夜中に向けて天の川は立っていくんですが、この時期、日の入りすぐ頃が一番立ってる時刻。
20時頃には傾いてしまいます。

14mm043

大大大満足のタウシュベツ川橋梁撮影でございました。
二日間の予定でしたが、撮影したい絵が撮れましたので、

鍵を返却(ポスト)(19:00頃)

17時を過ぎた返却は、返却ポストです。
で、飯を買いに昨日のスーパーへ行ったのですが、、、、

19時で閉店

仕方がないので

セコマ飯を購入!IMG_20201019_190710

ここ

そして、昨日と同じ風呂へ!

定休日、、、、ち~ん。
一番近い風呂を検索検索!

すぐに見つかる

北海道は温泉大国。泉質も良いし料金も安い!

19:50頃IMG_20201019_195908

そして、ここ隣が道の駅でしたので、そのまま車泊地(道の駅 しほろ温泉)となります。

セコマ飯を食べまして~IMG_20201019_203909

21:30時頃に就寝。

さてさて、明日(202/10/20)は、いよいよ今回のメインイベント!知床へ進軍しまっせ~。撮りまっせ~、撮りまくりまっせ~。

スライドショー

6日目へ

以下の【サポートする】をポチッとして戴きますと、100円~10000円の範囲で摩訶不思議に投げ銭ができます。 記事がお役に立ちましたら、投げ銭をしてやってください。
LINEで送る

紅山でだるま夕日を狙う!

LINEで送る



今シーズンは『だるま夕日』当たり年だと思っておりましたが、シーズン中盤になりますと全然だ駄目。

どうも皆さん、こんにちは。
『非公認小野市観光大使、摩訶不思議』です。

誰にも認定されておりませんが、シツコク名乗り続けております(笑)

今回は、小野市民なら皆大好き『紅山』。
以前は、雲海ミッションにも挑みました。
もう4年も前になるんですな。。。。
『小野市で雲海撮影大作戦 其の一 ~仮設~ 』

雲海はシーズンに何日かチャンスがございます。

今回狙うのはですな、摩訶不思議が大好きな『だるま夕日』。

ぇ?そんなん見えるん?

そう思うでしょう!
調査の結果、1年に2日だけ見える場所があります!
その2日が『だるま夕日』を見る事が出来る状況にならねばいかんのですが、、、、

『だるま夕日』の条件は各々調べてくださいませ。

決行の日、朝から天気と雲の予想を調べておりましたが、日没ぐらいは雲がかかってそう。。。
びみょ~。これ、現場行ってみんと分からんなぁ~っちゅう状態でしたので、

取り敢えず、登ってみる

時間手前に、

見事に下層雲へ(笑)001-2

ちなみにですが

003

太陽が丸で囲った位置に落ちるのが1年に2日です。
他の日も調べてみましたが、前面にある山に阻まれて海面が見えなかったり、島に阻まれたりして無理でした。

が、が、が、が

下層雲、意外に薄かった(笑)001-3

見ていただくと分かると思うのでうが、雲が多いでしょ?
低い位置に雲が無くてラッキーでございました。

そのまま~そのままやでっ!001-4

あ、手前に高圧線がありますが、気にしないでクダサイ。これはどーしようもございません(笑)

浮島現象確認!これはもろた!004

始まりのサイン001-6

窪みにい~ん001

と、紅山の頂上でウハウハと1人で興奮しておりました(笑)
他から見ると、タダノヘンタ、、、、気にしない気にしない。。。。。

と無事にミッションコンプリート致しまして、大満足の下山となりました。

完全なドン曇りなら登らなかったでしょうが、びみょ~な曇りでしたので登って良かったです。
まぁ、1年に2日でなかったら確実に登ってませんけどねっ!(笑)

恐らく、紅山からの『だるま夕日』を撮影したのは、私が初めてなはず!
まぁ、そんな奇特な人がいないってだけなんでしょうが(笑)

先駆者ってのは奇特なんだと思ふ(笑)

LINEで送る

以下の【サポートする】をポチッとして戴きますと、100円~10000円の範囲で摩訶不思議に投げ銭ができます。 記事がお役に立ちましたら、投げ銭をしてやってください。


オレンジ色の丸い玉を追いかけた話 最終日

LINEで送る

本日も日の出1時間前の5時起床。

空を見ますと、ええ感じですぜ!
色々片付けまして、おっちゃんに教えてもらった鯛島へレッツGO!

直ぐに到着(5:40)

全くロケハンしてませんので、日の出方向を含めチョイとウロウロ。

マジックアワーが始まる001

しかし、日の出の方向ピンポイントに下層雲がががが。。。。0012

デタヨ、カミサマノイジワル。

まぁ、何もかも上手くいくわけもないので、宿題が増えたと云う事ですよ。
折角ですので、日が昇ってくるまで待ちます。

ご来光!002

敢えて、この位置。
そう、『鯛島』ならぬ『鮟鱇島』でございます。ささやかな抵抗(笑)

その後、

サンロードを撮影005

目から漏れる光も撮影006

これにて和歌山合宿フィニッシュ!(6:30)
ボチボチとはいきませんが、ウロウロとロケハンしながら帰りまっせ~。

そして、ロケハンを終え、最後のオレンジの丸い玉を追いかける為に普段は乗らない高速へ!

途中のサービスエリアで昼飯20191106_121015

しらすご飯と和歌山ラーメン。

そして、時間ギリギリに撮影地に到着

正法寺展望台

秋と冬と1日ずつしか無いチャンス。
天候が合わなかったり、スケジュールが合わなかったり。

今年で3年目でございます。

合宿最後に最高の

ダルマ夕日009

遂に結願です。
高速使って帰ってきてヨカッタヨ。。。。

下層に雲がと思っていたのですが、、、、

これ島ですわ。。。011

岡山県は牛窓沖にあります『黄島』です。
位置的にも太陽のかかり具合からも間違いないでしょう。
浮島現象が起こっているので雲と勘違いしておりました。。。びみょ~な日の誤差です。。。

こりゃ~、再チャレンジやな。
ただ、上の縦構図の写真は島を躱してダルマになってますので、沈み始め頃のダルマは大丈夫。
こうなってくると、誤差補正が大変(笑)

この日がベストな日だとしても、他の日を確認してからでないとねっ!
シャシンバカバンザイ、、、、、

と、これにてオレンジ色の丸い玉を追いかけまくった和歌山合宿は終了でございます。

写真の神様に微笑んでもらえたり、そっぽ向かれたり。
今回も本当に充実した合宿でした。

旅程

スライドショー

以下の【サポートする】をポチッとして戴きますと、100円~10000円の範囲で摩訶不思議に投げ銭ができます。 記事がお役に立ちましたら、投げ銭をしてやってください。
LINEで送る